このライフレシピはWindowsパソコン初心者のための記事です!

はじめに

Excelを利用して表を作成をしていると項目名などが長くなったときに見栄えが悪くなってしまいます。

そんな時はセルの中で改行行って見やすくしましょう。

やりかた

その1 書式設定を行い折り返して表示する方法

対象のセルを選択し右クリックを行い「セルの書式設定」をクリックします。

「セルの書式設定」画面で配置タブないの「折り返して全体を表示する」にチェックをいれ「OK」をクリックします。

そうすると・・・

セルの高さが変化しひとつのセル内に表示が収まるようになりました。

その2 任意の位置で改行を行う方法

対象のセルをダブルクリックし、セル内の文字列を編集できる状態にします。次に改行を行いたい位置にカーソルを移動します。今回は「・・・かきくけこ」の次で改行を行いたいので「こ」の後ろにカーソルを移動しました。

この状態でキーボードの「Alt」キーを押しながら「Enter」キーを押します。

そうするとその1と同じ様に表示されました。

その1とその2の方法の違いですがセルの幅を変更してみるとよくわかります。

その1の場合はセルの幅を広げると改行される位置がどんどん変わっていきます。

その2の場合はセルの幅を広げても改行される位置は常に「こ」の後です。