Windowsでは当たり前にできる右クリック。しかし、MacBookやMacBookProにはクリックボタンが1つしかついていません。

そのため、MacでWindowsにあたる右クリックを行うには「command+クリック」をする必要があります。しかし、長年Windowsを使っていた方にとっては、右クリックのためにキーボードを触るのには慣れが必要です。

そこで今回は、ノート型Macで右クリックができるようにする方法をご紹介します。

Macを完璧に使いこなそう!Macのハウツーまとめはコチラ!!Macのハウツー

トラックパッド上に右クリックを設定する方法

Macではトラックパッド上に右クリックを設定することができます。たとえば、トラックパッドの2本指でクリックすると、いつでも右クリックとして認識されるといった感じです。

それでは、設定方法をご紹介します。

まず「システム環境設定」を開きます。画面左上にあるアップルマークをクリックして出てくるメニューから選ぶか、Dockの中にある「歯車のアイコン」をクリックします。

システム環境設定の開くので、2段目にある「トラックパッド」をクリック。

トラックパッドの設定画面が開きます。「ポイントとクリック」内の「副ボタンのクリック」にチェックを入れてください。副ボタンというのが、Windowsの右クリックのことです。

チェックを入れたときは「2本指」ですが、右下隅もしくは左下隅にも変更できます。変更方法は、「2本指でクリック」の隣にある下矢印をクリックすると、操作方法を選べるようになります。

変更後は、トラックパッド上の右下隅もしくは左下隅でクリックすると、自動的に右クリックとしてみなされるようになりました。

Macライフを快適に

今回は、Mac初心者の方が必ず困る右クリックの方法についてご紹介しました。この設定だけでMacが断然使いやすくなるので、ぜひお試しください!

(image by 筆者)