はじめに

Etsy」とはアメリカの巨大ハンドメイドポータルサイト。利用者の国籍は問わないため、カナダやイギリスはもちろん、イスラエルやトルコなどからも出品されています。

ワールドワイドなだけにアイテムも個性的なものがそろっています。ただしサイトはアメリカ仕様なので、日本人には少し馴染みのないところもあります。

「Etsy」を利用するための便利ツール

Paypalに口座を開こう

「Etsy」での支払い方法はさまざまですが、Paypalが主流となっています。購入するときに支払い方法をPaypalに指定すると、自動的にPaypalログインへ進み、購入確定してすぐ支払い完了できる流れになっています。そのため支払いが大変スムーズです。

ひと昔前はPaypalに口座を開くには外国の銀行口座が必要でしたが、今はVISAなどのクレジットカードあれば開けます。

Google翻訳を使おう

英語が得意でなくても尻込みする必要はありません。筆者などTOEIC450点です。

ネットショッピングならではの技、翻訳ツールを利用すればいいのです。
おすすめはGoogleツールバーの翻訳機能。ブラウザのボタン一発でページ全体をすぐに翻訳できます。

しかしそのままでは日本語として意味不明なことが多いので、ざっくり内容をつかめればOK。原文表示に戻し、今度はわからない単語にカーソルをもっていきましょう。意味が表示されるので、それをもとに原文の訳をしていきます。

この2つを駆使すれば英語力が乏しくても、商品詳細はほぼ問題なく理解することができるしょう。

「Treasury」でアイテムを探そう

「Etsy」のトップページには「Handpicked Items」というタイトルで商品写真が並べられています。これは「Treasury」という機能を使った、「Etsy」メンバーなら誰でも作れるお気に入りリストから選ばれたものです。

さまざまな検索機能が「Etsy」では用意されてますが出品数が膨大なため、なかなか思うような商品が見つからないことがあります。

特に買うものを決めていなければ、まずは「Treasury」を覗いてみましょう。テーマやカラーで統一されたリストは、眺めているだけでも楽しめます。

おわりに

英語のサイトとなると敬遠する人も多いですが、このようにツールや設定次第でカンタンに利用できます。

気後れせずにお気に入り探しの旅に出てみましょう!