iPhoneやiPodに音楽を同期させるときに使うiTunes(アイチューンズ)。今回はこのiTunes上でWAV形式のファイルをMP3に変換する方法を紹介します!

WAVをMP3に変換する方法

まだ、iTunesを持ってないという方は、Appleから、iTunesを無料でダウンロードできます。

1:iTunesを起動

iTunesを起動したら、画面上部にあるメニューバーから「iTunes」→「環境設定」の順に選択します。

WindowsはiTunesウインドウの上部にあるメニューバーから、「編集」→「設定」の順に選択してください。

2:設定画面に移動する

設定画面が開かれたら、「一般」を選択し、ウインドウの下の方にある「読み込み設定」ボタンをクリックしてください。Windowsは「インポート設定」ボタンをクリック。

3:エンコード形式を選択

「読み込み方法」 (Mac) または「インポート方法」 (Windows) の横のメニューをクリックし「AACエンコーダ」 から「MP3エンコーダ」に変更。

「OK」をクリックすると変更完了です。

4:ライブラリから変換したい曲を選択する

ライブラリに曲を入れて、変換したい曲を選択します。

選択した状態でメニューバーの「ファイル」→「変換」の順に移動し、「MP3 バージョンを作成」をクリック。これでMP3ファイルの曲がライブラリに作成されました。

元のWAV形式のファイルも削除されず残っています。

手順を覚えて簡単に変換!

iTunesを使えば、WAVをMP3に簡単に変換することができます。今回は一つのファイルを変換しましたが、複数のファイルを選択して変化することも可能です。

ぜひ、手順を覚えてどんどんご活用ください!

(image by 筆者)