ブログを作ってはみたものの、忙しくてなかなか更新が出来ない事がありますよね。更新が出来ないと、ブログのアクセス数も減り、ますます更新しなくなり放置してしまっているという方も多いのではないでしょうか。

ブログを書きたいけれど、忙しくて書く時間がない、一つの記事に時間が掛り過ぎて長続きしない、もっと早くたくさんの記事を更新したいという方に、ブログの記事を早く書く方法を紹介します。

制限時間を決めて書く

一つの記事を書く時間を設定しましょう。15分なら15分、集中して記事を書きます。この時に時間を延長しないで決めた時間で仕上げてしまいます。

これも書きたい、あれも書きたいと思っても、決めた時間に間に合わないなら思い切って削ります。

意外な事に、短い時間で書いた記事は長い時間掛けて書いた記事とそれほど変わらないものです。時間を決めて短時間で書くと、頭の回転も速くなり、脳を最大限に使っているので、余計な物を省いた見やすい記事になります。

長い時間掛けてゆっくり書く場合は、頭の回転もゆっくりで、脳を休ませながら書いているので、結果的に短い時間で書いたものと変わらないという結果になってしまうのです。

時間を決めて書いた記事は更新する前に、一通り見直す時間を取りましょう。その際に誤字脱字、表現の間違いなどを直します。

パターンを決める

次はある程度ブログを書くのに慣れてきた方にお勧めの方法です。それはブログの記事のパターンを決めてしまう事です。

例えば書評ブログでは、まず本のあらすじ・紹介を書く、次に特に印象に残った部分を引用などを使い感想を書く、最後に良かったポイント、悪かったポイントを書く、という風にパターン化してしまうのです。

紙などに自分の記事のパターンを決めて書き出してみましょう。次に何を書けばいいかすぐに分かれば、それに沿って効率よく記事を書けるようになります。

おわりに

ブログを書く時間がない方や一つの記事を書くのに時間が掛り過ぎてしまう方へ、ブログを手早く書く方法を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

最初は時間が掛ってしまうブログの更新も、自分なりのコツが掴めれば早く書けるようになります。あなたのより良いブログライフのお役に立てれば幸いです。