はじめに

iPhoneを仕事に使っている人も多いと思うのですが、あくまで電車の中などでメールを見たり、何かをチェックしたりするだけだったりしませんか?

iPhoneをパソコンのように使うのに一番壁になるのが、やはり文字の入力。指でチマチマ入れるのは耐え難いという人も多いと思います。

しかし、iPhoneとblutooth(ブルートゥースと呼びます)のキーボードを使うと入力も劇的に楽になります。これでノートパソコンを持ち運ばなくても外でメールやメモがガンガンとできるようになります。

というわけで、iPhoneとbluetoothキーボードを使って、入力を楽にして仕事でのメインに使える方法を紹介します。

ステップ1:bluetoothキーボードを用意する

まずは、bluetoothのキーボード周りのものを購入する必要があります。

bluetoothのキーボード

Amazonや楽天で、好きなものを買えばいいでしょう。個人的に筆者のおすすめのキーボードは以下の「Bluetoothワイヤレスキーボード RBK-220BTi」です。

リュウド アールボードフォーケイタイRBK-2200BTi (Bluetooth HID、Mac用US配列) RBK-2200BTi

値段の割にやや作りが安っぽいのですが、折りたたみが出来て、持ち運びが楽なのがいい感じです。

折りたためるメリットとして、バックのカバンがかさばらないということです。折りたたみではないタイプのを持ち歩いたことがあるのですが、重さなどよりも、大きさに困ったりするので、持ち運びを頻繁にする人は、オススメの形態です。

電池

上記のキーボードを使うとしたら、単4電池が必要です。エネループなどを使うと便利なのでおすすめです。

SANYO eneloop 充電器 (単3形・単4形兼用) NC-TG1

もちろん一般的な電池でも問題ありません

 ステップ2:iPhoneと接続する

それではさっそく、iPhoneとbluetoothキーボードを接続してみましょう!

1:キーボード側を「ペアリング」状態にする

キーボードによって違うので省略しますが、キーボードを「ペアリング」状態にします。

これはいわゆるbluetoothを接続登録をするためのものです。キーボード側で設定をします。

2:iPhoneでbluetoothを設定する

まずは設定画面を見て、「Bluetooth」というところを押します。

普通はオフになっているので、オンにします。

キーボード側の設定が終わっていれば、キーボードが感知されます。タップします。

するとこういう表記がでます。ここで指示されたパスキーを、bluetoothキ
ーボード側で打ちます。

接続が完了しました。これでキーボードで打てます。

何がスゴイ?

iPhoneアプリの勢いは今やものすごく、仕事に関係するツールが大量にあります。

たとえば、TODOを管理するアプリや、メモアプリなども多いです。パソコンにはないような、効率化アプリも大量にあります。

しかし、どうしても入力がパソコンよりも遅くなるため、パソコンを日常的に使っている人にとっては、メインマシンとはなり得なかったのではないかと思います。

しかし、bluetoothキーボードをつけるだけで、ここまで活用が変わるのか!というレベルまで使いこなせるようになります。正直、ノートパソコンのようなものはほとんど必要なくなり、持ち運ぶことがなくなるのではないでしょうか。

どう活用する?

たとえば、TODOソフトを立ち上げておいて、自分のパソコンの横に置いておく、会議の時のメモとして使う、などが考えられます。

また、作らなければいけない資料の下書きやメールの処理などにも使えるでしょう。

懸念点は?

いくつか課題に感じるところはあります。たとえば

  • iPhoneの電池がなくなりやすい
  • キーボードの入力時に最初、一瞬もたつく
  • キーボード持ち運びが面倒

などがあげられます。そんなにキーボード自体は重くないですし、かさばらないのですが、それでも持ち運びに若干の面倒さがあるのも事実です。

しかし個人的には利点のほうが上回る印象です。やはりキーボードで入力ができる便利さにはかないません。

おわりに

というわけで、いかがだったでしょうか。

iPhoneをもっと使いこなしたい、という人はbluetoothキーボードを使って仕事の効率をあげるのに挑戦してみてはいかがでしょうか。

おまけ

以下のサイトを見ればさらにiPhone+Bluetoothキーボードについて深く知ることができます。

文章を書く人でもこのスタイルで問題なく使えているみたいです。こちらのキーボードはApple純正ですね。折りたたみはできませんが、使いやすそうです。

ショートカットキーなども載っていて参考になります。

iPhoneケースとキーボードが一緒になるというスタイルです。常につけておきたい人はこちらでいかがでしょうか。