はじめに

本来なら、ネットオークションは、今現在、手元にあって、いらないものを売ると言うのが正しい活用法なのですが、考えを逆転させて、ネットオークションで高く売る目的で、手ごろな品物を手元に集めると言うのも違反ではありません。

自分の趣味をうまく利用しますと、こうやってネットオークションで売る目的のものが上手に手に入ったりします。

ネットオークションで売れるもの

古本

安く購入したものを他の店に転売する行為をせどりと言うのですが、もっともポピュラーなのが古本のせどりです。もちろん、高く売れるのでしたら、店ではなくて、ネットオークションで売ってもいい訳です。

あなたに稀少本を見分ける観察眼がありましたら、古本屋は宝の山だとも言えます。ブックオフなどの新参入の古本屋は、稀少本の査定システムが甘いため、レア本が紙くずのような値段で置かれている事も多いのです。

そのような本を仕入れて、ネットオークションに出品すれば、本当に欲しい収集家が10倍ぐらいの値段でも買い取ってくれます。

UFOキャッチャー景品

昔ほどの人気はなくなりましたが、UFOキャッチャーで手に入る景品やぬいぐるみ類も、非売品ばかりなので、ネットオークションで売るには、もってこいの商品です。

UFOキャッチャーが得意でしたら、自分が欲しい訳でもない景品を片っ端から取り上げて、出費以上の値段でネットオークションで売れば、それだけ利益になります。

景品やぬいぐるみはシリーズになっているものが多いので、シリーズ全品をセットにして出品した方が、高額で、入札率も高くなります。

食玩(お菓子や飲料のおまけ)

普段から愛好している缶コーヒーやお菓子などを買ったら、ひょっこり手に入るのが食玩です。別に、自分は欲しくもないものかもしれませんが、限定キャラクターグッズだったりするので、別の誰かにとっては、のどから手が出るほど欲しいものだったりします。

しかも、食玩は期間限定発売品がほとんどで、一部の地方や田舎では店頭販売されてないものも多いのです。その食玩が欲しい人にとっては、ちょっとしたレアアイテムなのです。

だから、たまたま手に入れた食玩であっても、要らないからと捨ててしまうのではなく、よく分析して、ネットオークションに出品すれば、思わぬ収入に化けるかもしれません。

食玩の場合も、普通はシリーズ化されてますので、セットを揃えて、まとめて出品した方が、入札率や落札額は高くなります。

ペニーオークション

最近、ネットで流行っているペニーオークションですが、いらないものを安く落札できれば、それもネットオークションで転売しちゃえば、たっぷりお金もうけができてしまいます。

ペニーオークションに出品されているものは、新品の高額商品や最新人気作が多いので、ネットオークションで転売しても、いい値段で売れるのです。

ただし、ペニーオークションの落札競争にはまりますと、落札品の値段よりも出資の入札料で赤字になりかねないので、くれぐれもご注意ください。

おわりに

より高く売りたければ、ネットオークションに出品する時期も見計らった方がよいでしょう。

UFOキャッチャーの景品や食玩などの場合は、入手して、すぐ売りに出すよりも、少し年月が経ってからの方が値打ちが上がったりします。一般販売終了後の方が入手困難だからです。

ネットオークションそのものも、はまりだすと奥が深くて、趣味みたくなってしまうかもしれません。