はじめに

Evernoteにはユーザ専用のメールアドレスが与えられ、そこに送信した本文がそのままエバーノートに取り込まれます。これを活用して、気に入ってふぁぼる記事をひょいひょいとEvernoteに保存する使い方を紹介します。

設定ポイント

Evernoteに取り込むためのはてブの専用タグを決める

例えば「clip」とか「fav」とか、それが特別なものであることが分かるようなものであれば何でもよいでしょう。

まずそのタグがつけられた記事がないとRSSの中身が空っぽなので、とりあえずこのページをブクマしてみましょう!

はてブの専用タグのRSSをまるごとRSSで全文化する

はてブのRSSは概要しか書かれていないので、これを全文化したRSSを取得するようにします。これにはまるごとRSSを利用します。
例えば僕の「clip」タグの全文化RSSのURLは、

  • http://mrss.dokoda.jp/a/http/b.hatena.ne.jp/sinnerthesinner/rss?tag=clip

のようになります。
「sinnerthesinner」の部分をあなたのアカウント名に、
clipのところを、1で設定したタグ名に置き換えてください。

まるごとRSSがRSSの元記事を解析するのに少し時間がかかります。次のステップに進むのはちょっと間をおいてからにしましょう

BlogtrottrでRSSをEvernote宛にメール送信するようににする

BlogtrottrはRSSをメールで流してくれるサービスです。他にも似たようなサービスがありますが、BlogtrottrではRSSのひとつの記事に対してひとつのメールを流してくれるので、記事ごとにEvernoteにクリップ出来るようになります。

登録方法はBlogtrottrにアクセスし、

RSSのURLと、送信先のメールアドレスを入力し、「Feed Me」をクリックします。認証のメールが届くので認証用URLをクリックすると登録は完了です。

Gmailでよく使われる、account+evernote@gmail.comのような「+」が含まれるメールアドレスでは登録できません。

あとは指定したタグではてブするだけ!

これで指定したタグではてブすると、

  • はてブRSS→まるごとRSS→Blogtrottr→Evernote

上記のフローで記事が流れていき、Evernoteには自動で記事がどんどん保存されていきます。

この方法ははてブに限らず、RSSを出力するサービスであればなんにでも応用可能です

関連記事