はじめに

とても便利なパソコン。今では容量も大きくなったおかげでたびたびフリーズしてしまうことも少なくなってきたようです。

しかしながら、いつどんな時にフリーズするかは神のみぞ知る…

しかもそれが大量の書類を作成中だったとしたら?あと一歩で完成だったのになんて、泣くに泣けません。そこで基本のフリーズ事前対処法をご紹介したいと思います。

STEP1 チョコ保存

まずはフリーズ対策として一番簡単なものからご紹介したいと思います。

仕事の資料作成などついつい頑張りすぎてしまい、完成まで保存をしていないということはありませんか?

フリーズ対策はもちろんのこと、台風の季節はいつ停電に陥るかもしれません。こまめに上書き保存をしていくことをお勧めします。

STEP2 容量不足を解消 不要なものを削除

フリーズが起きやすい原因の一つとしてPCのメモリ不足が考えられます。手っ取り早い方法はディスクをきれいにすることです。

ディスククリーンアップ

1・「スタートメニュー」 → 「すべてのプログラム」 → 「アクセサリ」 → 「システムツール」 → 「ディスク クリーンアップ」 
あるいは 「マイコンピュータ」フォルダ内のハードディスクのアイコンを右クリック、「プロパティ」を選んで開いた画面の「ディスクのクリーンアップ」ボタンをクリックしても同様に呼び出せます
2・「ディスク クリーンアップ」で「Temporary Internet Files」や「一時ファイル」の削除や「ごみ箱」の中身などを削除する事で空き容量が増える場合があります。
この作業には数分かかる場合があります。時間があるときにされることをお勧めします

容量不足を解消  保存場所を変える

資料、画像、音楽などいつもCドライブに保存していませんか?保存するときに保存場所を変えられるということをご存知ですか?また移動することもできます。

今回はDドライブにマイドキュメントを移動してみましょう

移動先フォルダは事前に作成しておく

[コンピューター」→「ローカルディスク(D:)」→「新しいフォルダ」→「名前を付ける」

移動します

1.[スタート]→[ユーザー名]
2.[マイドキュメント]右クリック→[プロパティ]
3.「マイドキュメントのプロパティ」→[場所]
4.[場所]→[移動]→「ローカルディスク(D:)」
5.「ローカルディスク(D:)」→「移動先フォルダ」→[フォルダの選択(事前に作ったフォルダ)]
6.[適用]
7.「フォルダの移動」→[はい]

これでマイドキュメントの保管場所をC ドライブから他のドライブ(D ドライブ等)に移動させることができます。

ハードディスクエラー

ハードディスクにエラーがないか確認してみましょう

「スタート」→「コンピューター」→「ローカルディスク(C:)or(D:)」右クリック→「プロパティ」→「ツール」→「エラーチェック」→チェックディスクオプション2項目両方チェックを入れる→「開始」

おわりに

いかがでしたでしょうか?クリーンアップなどをこまめにすると共に(D:)ドライブの活用をすることで動きが違ってくるのではないかと思います。

今回ご紹介したハードディスクのチェックや時間がたくさんあるときにはデフラグなどメンテナンスも行うようにしましょう。

著者Windows7使用