はじめに

地元でも旅先でも「どこに食事に行こうか?」と迷った時に大変役立つのが、ランキングと口コミで探せるグルメサイト「食べログ」です。インターネットを使っておられる方ならほとんどの方がご存じのサイトだと思います。

この記事では「食べログ」の便利な使い方やメリット、そしてデメリットを具体的に挙げてみます。

「食べログ」のメリット

検索条件が多い

パソコン版の「食べログ」で飲食店を検索する時には、エリアや駅、店名やジャンルなどのキーワード、そして予算から選ぶことができるので大変便利です。

例えば行きたい店舗の名前が分かっている時はそれを入力します。分からない場合はエリアとジャンルを選んで検索してみましょう。予算だけが決まっている時は昼か夜の予算を具体的に入力して探すことができます。

これはiPhoneアプリの画像です。エリア・駅とキーワードを入力して検索する方法に加えて、現在地から半径○○メートル(キロ)の範囲で探すこともできます。

実際に食べた人の感想を参考にできる

その店舗のサイトやパンフレットを見ても、当然良いことしか書いてありませんし、写真もとてもきれいなものが載っていますのでかえって参考にならない場合があります。

その点「食べログ」は実際にその店舗を訪れて食事やお茶をした人の感想や評価、そして出てきた料理の写真が載せられているので、お店のサイトやパンフレットだけでは分からない実情が分かる場合もあります。

「食べログ」のデメリット

食べた人の主観が強すぎる

メリットの裏返しのようになりますが、同じ店舗に関しても人によって評価が全く違っていて、1点だったり5点だったりすることが多々あります。

料理の美味しさだけを評価する人と、店舗の雰囲気や接客態度も含めて点数をつける人がいますし、その人とお店との「相性」によっても大きく変わってくるでしょう。

評価の点が高いからと言って絶対美味しいわけではありませんし、低いからと言って絶対まずいわけでもありません。あくまでも参考程度にしておきましょう。

高い点と低い点を付けた人それぞれの感想を比較して、自分が重視するポイントが近い人の評価を参考にするとよいでしょう。

おわりに

旅先など全く土地勘のないところで、現在地から検索できるのは本当に便利な機能です。当たり外れはありますが、「食べログ」を上手に使いこなしてお気に入りの飲食店を見つけてみてくださいね。

(Photo by 足成・著者)