はじめに

Evernoteの使い方はあまり詳しくないんですが、WEBページをエバーノートにメモする時に私が普段おこなう活用術をご紹介します。「あとで読む」という無料のWEBツールを使用して、Gmail経由でWEBページを転送する使い方です。

図で表すと↓のようになります。

事前準備

1.「あとで読む」に登録する

はじめに、下記リンクにアクセスして「あとで読む」に登録します。

■あとで読む - あとでメールで読める無料ブックマーク・サービス
http://atode.cc/

★登録方法

  • 1:自分宛のメールアドレスをフォームに入力します

(ここでは、Gmailを使用することにします。他にOutlookExpressやThunderbirdなどのメールソフトでも可能です。)

  • 2:利用を開始するボタンを押下します
  • 3:自分宛に登録確認のメールが届きます
  • 4:メールの案内に従ってブラウザのお気に入りバーに「あとで読む」を追加します(下図参照)

ー登録完了ー

2.Gmailにフィルタを設定する

「あとで読む」を使うと、ブックマークしたWEBページがメールで送られてきます。他のメールと判別しやすいようにGmailにフィルタを設定します

設定方法

Gmailの画面で設定をクリック


設定メニューのフィルタをクリック


新しいフィルタを作成をクリック


From:
info@atode.ccと入力し、右下の「この条件でフィルタを作成」をクリック


受信トレイをスキップ(アーカイブする)にチェック

ラベルを付ける:
新しいラベルをEvernoteと作成してチェック

次のアドレスに転送する:
Evernoteのメールアドレス(※)を設定する

「あとで読む」で取り込んだWEBページは全てこのラベル「Evernote」に集約されることになります。

※Evernoteのメールアドレスは、Evernoteのツールアカウント情報より確認することができます。

以上の設定が終わったら画面下部にあるフィルタを作成ボタンをクリックします。

WEBページをワンクリックで転送する

WEBページを見ている時に、ブラウザのお気に入りバーに追加した「あとで読む」を一度クリックすれば、WEBページの内容が丸ごとGmailに送信され、同時にEvernoteにも転送されます。

件名(題名)の先頭には、自動的に[あとで]がつくみたいなのでEvernoteで検索するときは、[あとで]と検索フォームに入力すれば見たいメモを探すことができます。

さらに、検索で出された[あとで]の記事対して、Evernoteでタグを付与したい時は、記事を複数選択してタグ(あとで)の上に、まとめてドラッグアンドドロップすればタグが付与できます

まとめ

  • FirefoxやGoogleChromeのアドオンを使用したのと見た目はほとんど同じWEBページが保存できます。この方法なら、IE(Internet Explorer)をご利用の方も使えます。
  • ワンクリックでGmail+EvernoteにWEBページの内容を丸ごと保存できるのでおすすめです。
  • GmailとEvernoteはオフラインで使える(同期や送信はできない)、インターネット環境が無い場所でも情報を見ることができて便利です。

メールを使うという単純な仕組みですが、いかがでしたでしょうか?

レシピを投稿しよう!

今なら、Evernoteレシピを投稿したアクセス数上位30名にはAmazonギフト券が当たるみたいですよ~

関連記事