ネットオークションに参加する場合、たいがいは出品か入札(落札)のどちらかで参加する事になるのですが、出品で参加する人の方がはるかに有利だと言えます。

なぜなら、出品する方は代金さえ貰えれば誰に落札されてもいい訳ですが、入札する側はその品物が欲しい以上、この取引を絶対に成功させたいと考えているからです。

危険な落札者とは?

出品する側にとって特に用心したいのは、代金を支払わない落札者と、もう一つ、出品者の個人情報(名前や住所など)を聞き出したあと、取引を続けずに、姿をくらましてしまう落札者です。

後者のような無責任な態度をとる落札者は、ただの冷やかしだった場合と、最初から出品者の個人情報を聞き出す事が目的だった悪質な名簿業者である可能性があります。

名簿業者に引っかかってしまいますと、あなたの個人情報が売られて、迷惑メールや架空請求などが頻繁に送られてくるようにもなりかねないので、一番気をつけたいとも言えます。

ダマされない出品方法

落札者の評価を確認する

ほとんどのオークションは、出品者・落札者ともに、それまでの取引の評価が公開される仕組みになっています。

上の写真は、ヤフーオークションで公開される評価欄です。この評価は、実際の過去の取引相手が付けてくれるものなので、どのオークションの評価欄もたいへん信用できます。

品物が落札された場合は、まず落札者の評価欄をきちんと確認しましょう。

悪い評価が多い人が要注意です。ただし、オークション初心者で、全く評価欄が空白の落札者・出品者もいますので、評価だけでは判断しきれない場合もあります。

代金先払い

出品の際、取引方法の欄に「代金先払い」とはっきり書いておきましょう。冒頭で述べましたように、本当の落札者でしたら、その品物が欲しい訳ですから、代金先払い程度の取引方法ならすんなり応じてくれます。

逆に、はなっから代金を払いたくないニセ落札者でしたら、代金先払いの文字を見た時点で、その出品物は避けて通るはずです。

自分から先に個人情報を書かない

非常に微妙な駆け引きとなるのですが、落札者に先に個人情報を提示してもらいます。

代金先払いではありますが、少しでも早く品物を送れるように、発送準備も進めますので、送り先(名前と住所)を教えてください。
上のような取引メールを落札者に送れば、本当の落札者でしたら、先に自分の個人情報を教えてくれます。品物を送ってもらう為には、自分の個人情報を提示しなければいけないという不利さが落札者側にはあるので、このような駆け引きができるのです。

その品物が早く欲しい落札者ならば、出品者の指示に素直に従わないと、取引が進まなくて(品物発送が遅れて)困る、と言う不利さもあります。

逆に、冷やかしとか名簿業者でしたら、自分の個人情報をばらしたくないので、このような取引展開をされてしまいますと、きっと姿をくらましてしまう事でしょう。

実は、オークション主催者や郵便局が用意しているサービスを利用すれば、落札者も自分の個人情報を見せずに品物を受け取る事が可能です。ニセ落札者は、このようなサービスも利用できないでしょうが。

おわりに

以上は、出品者側に立ったダマされない為の取引方法なのですが、落札者側もダマされる事を不安に思っていると言う事を忘れてはいけません。

自分ばかりが警戒するのではなくて、本物の落札者に対しては、誠意を込めた、ダマしたりしない、気持ちのいい取引を心がけたいものです。

なお、品物発送後に言いがかりをつけてくる落札者を警戒したければ、出品時の取引方法の欄に「ノークレームノーリターン」「配送中の事故については保証しません」などの注意書きを加えておけばいいでしょう。ただし、言いがかりじゃない正当な苦情に対しては、自分側の非を認めて、素直に謝罪、弁償するような誠実さも大切です。