iPadには標準でメールアプリがついています。設定さえすれば、すぐにメールの送受信が可能です。

ところが、初心者の方にとってはその「設定」が、とても難しく感じるようです。

実は、iPadのメールアプリには、最初から簡単にGmail,YahooMail、AOL Mailの設定ができるようになっており、3分もあれば設定を終えることができます。

ここでは、誰でも簡単にGメールのアカウント設定ができるように紹介したいと思います。

Gmailとは、Google社が運営する無料のWebメールサービスです。

用意するもの

  • Gmailのアカウント
  • iPad

やり方

STEP1 Gmailの設定

事前にひとつだけ、やっておくことがあります。まずはGmailにブラウザからアクセスして、右上にある「設定」をクリックしましょう。

Gmailのログイン方法はこちら
ログインする方法

そして、「メール転送とPOP/IMAP」の画面を開き、「IMAPアクセス」の「IMAPを有効にする」を選択して、「変更を保存」します。

iPadでGmailの設定がうまくいかないという方は、ここで紹介しているIMAPが有効になっていない可能性があります。最後の「変更を保存」を忘れないように気をつけましょう。

STEP2 iPadの設定

次にiPadの「設定」をタップし、起動します。

左ペインの「メール/連絡先/カレンダー」を選択、右ペインの「アカウントを追加…」をタップします。

一覧からGmailを選びます。

名前、メールアドレス、パスワード、説明を入力して右上の「次へ」をタップします。

「メール」がオンになっているのを確認して、「保存」をタップします。

設定はこれだけ。3分もあれば十分設定できるでしょう。

おわりに

いかがでしょう?設定といっても実はたいしたことはありません。iPadはノートPCと異なり、あまりITに詳しくなくても使えるような工夫がされています。Gmailの使い方を覚えて、有効活用しましょう!