はじめに

エバーノートの使い方としてポピュラーなWebclip。メジャーな活用方法としては、ブラウザ上で自分の必要な情報の部分のみをドラッグ(選択)し、右クリック(Macなら副クリック)で「Add to Evernote」するのが一般的だと思います。

しかし、時には広告なども含めてサイトページ全体のデザインを保存したいというケースもあるかと思います。

ところが、現状のエバーノートでは、CSSを用いたサイトデザインは無視される仕様となっています。文字情報と画像はあますところなく保存されますが、デザインだけは基の情報と全く別の見にくいものになってしまいます。

PDFで保存する

これを回避するひとつの方法としてPDFで保存する方法があります。しかし、OSやブラウザによって手段がまちまちなので、個別に説明します。

Windowsの場合

WindowsはOSレベルでPDFを生成するシステムを持っていませんので、Windows・Evernoteとは別のアプリやサービスを併用する必要があります。

一般的なのは、

これらのサービス、アプリなどで一旦PDFを生成してから、Evernoteで新規ノートを作り、そこにPDFをドラッグすると良いでしょう。

Macの場合

Firefoxの場合、印刷メニューから「Save PDF to Evernote」で直接Evernoteへ保存できます。

Safariの場合、Shiftキーを押しながらEvernoteクリップボタンを押すと、Webページを一枚モノのPDFとして直接Evernoteへ保存できます。

PDF保存の注意点など

細かな体裁について

サービスやアプリなどによっては、縦に長いwebページは改ページによって区切られてしまったり、体裁が完全でなかったりする場合もあります。
現時点で一番体裁を維持できていると思うのはMac版SafariのShiftクリック保存です。改ページもないですし、体裁の崩れもほとんど感じません。

クリップ元のページURL

他のアプリやサービスの併用、Mac版Firefoxの保存方法では、クリップしたページのURLは手入力する必要がありますが、SafariのShiftクリックは従来のEvernote追加ボタンと同様、URLが入力された状態で保存されます。

容量

画像や広告の多いページをPDFで保存すると、1ノートあたりの容量が肥大化します。Evernoteは1ヶ月間にアップロードできる容量に限りがあるので、すべてのWebclipをPDFで保存すると、状況次第ではすぐ上限に達する可能性があります。使いどころを考えるか、有料版のPremiumアカウントの契約をしたほうがいいでしょう。

Phil Libin CEOにこのことを質問したところ、、、

さる2010年3月8日、ジュンク堂大阪本店で行われたEvernote CEO Phil Libin 氏が出席されたEvernoteトークセッションに参加しました。その質疑応答でこの件について質問したところ、以下のような内容でお答えいただきました。

体裁を維持して保存するには、仰るようにWindowsではPDF生成の機能がないので用意していない。
MacではSafariのShiftクリック、Firefoxでは印刷メニューから保存してほしい
Windowsでは、今後2ヶ月以内にCSSを含むデザインを維持した状態でWebclipできるよう開発をすすめている。

PDFとして保存とは仰っていませんでしたが、どうやらWindowsでも外部サービスに頼らず体裁を維持して保存する方法が実装されるようです。

関連記事