はじめに

iPhone(OS X mobile)で有名なアプリのひとつに、産経新聞のアプリがありますよね。その日の産経新聞の朝刊がまるごと無料で読めるという、なんとも太っ腹なアプリです。

参考:産経新聞(iPhone版):操作方法

僕は普段はてなブックマークを使って、気になったWebページをSBM(ソーシャルブックマーク)でクリッピングしているんですが、この産経新聞のアプリで読んでいると、この記事もクリッピングしたい! という欲に駆られたんですねー

はてなブックマークに保存するわけではありませんが、産経新聞アプリはその日毎に紙面データが上書きされてしまうので、なんとか保存する使い方はないかと考え、Evernoteに保存することを思いつきました。以下に実際のエバーノート活用方法を書いてみます。

OS X mobile のスクリーンショットで紙面を保存

現状、iPhone/iPod touchでは、電源キーとホームボタンを押すことで、画面のスクリーンショットを撮ることが出来、それは「写真」アプリ内に保存されます。

ひとまず、保存したい記事をスクリーンショットで保存してみましょう。

Evernoteでカメラロールから記事を選択

スクリーンショットだけでは、OS X mobile端末内のみの保存になりますので、Evernoteに転送する必要があります。

Evernoteを立ち上げ「カメラロール」を選択し、先程保存した紙面のスクリーンショットを選択します。するとサーバーへの転送が開始されます。

横位置スクリーンショットの向きを正しい方向に変える

記事の文字組によっては、横位置でスクリーンショットをとったほうが効率良い場合があります。

ところが、OS X mobileはExifの方向タグをつけていないのか、Evernoteに送ると横位置の画像は、すべて90度回転した状態で表示されてしまいます。

そこで、横位置スクリーンショットは、Windows / Mac上で正しい向きに変換してやる必要があります。

画像を選択し、右クリック(または副クリック)でコンテキストメニューを選択し、任意の画像処理アプリケーションで開きます。任意のアプリ上で、正しい方向に回転させ、上書き保存すればOKです。

OS X mobileのスクリーンショット形式はJPEGですので、JPEGが編集できるアプリであれば何でも大丈夫でしょう。Macの場合は、OS標準のプレビューで十分間に合います

広い面積の記事をMerge(マージ)する

iPhone / iPod touchの画面解像度は480x320pixelです。産経新聞アプリでは、紙面の解像度を3段階にズームする仕様になっていますが、本文の文字を識別しようと思うと、最大倍率にしておく必要があります。

ところが、紙面の面積が大きすぎると、iPhone / iPod touchの画面解像度では収まりきらないケースが多々あります。

そこで、私は現状、

  • 紙面全体のサムネイル(本文の可読性は問わない)
  • 本文頭から最大倍率でスクリーンショット
  • 一画面で収まらない場合は必要分だけ紙面をずらしてスクリーンショット

することによって、すべての紙面を保管するように運用しています。

ところが、先程の「カメラロールからの記事選択」では、一度のアップロードにおいて、1画像ファイルしかアップすることができません。

そのため、紙面全体+分割して記録したスクリーンショットすべてをひとつのノートに納めるために、Windows/Mac 上で記事をMerge(マージ)、つまり統合してやる必要があります。

OS X mobile 端末側では、カメラロールで記事を構成しているスクリーンショットを枚数分アップロードしておきます。

その後、Windows / Mac上で、アップロードされたノートを複数選択し、右クリック(Macでは副クリック)して「Merge Notes(ノートのマージ)」を選択します。すると、複数のノートがひとつに統合され、1記事を1ノートに納めることが可能になります。

この場合、元のノートブックのタイトルが、統合後のノートブック本文中に挿入されますが、私はこの仕様が嫌いなので、タイトルを手作業で削除しています。

また、複数のスクリーンショットをマージしても、それはビットマップ画像のデータに過ぎないので、タイトルやタグなどをわかりやすいように編集しておく必要もあるでしょう。

この運用方法のおさらい

1記事1スクリーンショットで収まる場合

  • 記事のスクリーンショットを撮る
  • Evernote(on OS X mobile)を起動
  • カメラロールからスクリーンショットを選択
  • Evernote(on Windows or Mac)を起動、同期
  • タイトル、タグなどの編集

1記事複数枚スクリーンショットの場合

  • 記事全体のスクリーンショットを撮る
  • 最大倍率で記事本文をずらしながらすべてスクリンーショットを撮る
  • Evernote(on OS X mobile)を起動
  • カメラロールからスクリーンショットを選択
  • ↑の工程を枚数分繰り返す
  • Evernote(on Windows or Mac)を起動、同期
  • 同一記事のスクリーンショットのノートを選択し、Merge Notes(ノートノマージ)
  • 中間に挟まれたタイトルを削除

このレシピの今後

既報のように、2010年半ば頃には、Evernoteに日本語OCRが実装されるとのことです。既に、鮮明な画像に対しては、95%程度の確率で検索の成功が確認されているそうです(2010年3月9日ジュンク堂書店大阪本店でのトークセッションより)。

なので、今後はこのレシピで切り抜きした記事に対して、Evernote上から全文検索することも可能となるでしょう。

また、今回のレシピでは「OS X mobile」と表現しましたが、iPhone / iPod touchだけでなく今後は iPad も登場予定ですから、Evernoteと産経新聞アプリが動くデバイスすべてでこのレシピは応用できるでしょう。

特にiPadはXGA(1024x768pixel)という、これまでのOS X mobile採用デバイスとは比較にならない高解像度を備えていますから、産経新聞アプリの対応次第で、紙面のズームなしで本文判読可能なスクリーンショットを撮ることも可能かもしれません。

もちろん iPad だけでなく、iPhone / iPod touchも 高解像度化されれば、同じ恩恵を得られると思います。

反面、産経新聞アプリも、無料で利用できるのは「当面」とのことですので、将来的には有料化されるかもしれません。

また、Evernote側としては、カメラロールからの選択時に、複数画像の選択ができるようになると便利でしょうね。

関連記事