メールでもノートを作れるEvernote

普段 Mac / PC やiPhoneなどのスマートフォンからEvernoteを使っているとついつい忘れがちですが、メールで新規にノートを作成するという方法もあります。

Evernoteをダウンロードし、アカウントを作成すると、自分専用の投稿用アドレスが作成されます。ここにメールを送ることによって、メールの内容と添付ファイルがそのままエバーノートのノートとして保存されます。

スマートフォンでない、一般の携帯電話からも可能

この方法であれば、一般の携帯電話などでも使えるので、スマートフォンを持っていない人も、外出先からEvernoteを楽しむことが出来るでしょう。

自分の投稿用アドレスは、EvernoteのWebページからサインイン(Sing in)し、バナー右上の設定(Account settings)をクリック、アカウント設定画面の下のほうに記載されています。

メールの本文=ノートの本文/メールの件名=ノートの件名

メール本文の内容がそのままノートの本文となります。タイトルは特に編集しない限り、タイトルがそのままノートのタイトルとなります。(空白の場合は「無題のノートとなります」)

このままだとタグもない状態で保存される

ところが、この状態で送信すると、保存されるノートブックはデフォルトのノート、タグも無い状態で保存されてしまいます。
そこで、タイトルを規定の書式で記述することにより、ノートブックとタグの指定をすることが出来ます。

メールを送る際のタイトル書式

  • ノートのタイトル @ノートブックのタイトル #タグ名

このように記述します。実際記入する際は、@と#は半角で、それぞれの要素の間は半角スペースを入れてください。
この書式でメール投稿することにより、Mac/PC上でノートブックやタグを編集する手間を省くことが出来ます。

書式の注意点

  • 必ず「タイトル」を先頭に、その後に「@ノートブックのタイトル」「#タグ」の順番を守ってください(@ノートブック と #タグの順番はどちらが先でも構いません)
  • ノートブック名やタグ名は、既に作成済みのものしか認識できません。存在しない名前を入力しても、新規にノートブックやタグが作成できるわけではないので注意してください。
  • 複数のタグを入力する場合は、#タグA #タグBなど、半角スペースを挟んで、#タグ名を複数記述してください。
  • 日本語でも大丈夫なようです。

参考情報

関連記事