はじめに

Evernoteはあらゆるデータやメモを放り込めるとても便利なアプリケーションです。そして、特にiPhoneからの相性がよいのです。それを最大限活用するための方法を紹介します。

エバーノートアプリの使い方

まず、基本としては、Evernoteのアプリを使うことです。

ここからテキストを送ったり、声で録音をしてデータをEvernoteに入れることができます。

テキスト

テキストを入れる画面はこのようになっています。通常のメモのように使えます。

カメラロールが超素敵

テキストやスナップショットは別アプリからメールで送ってもいいのですが、カメラロールは超ベンリです。

このような画面から、写真をタップするだけで、すぐにEvernoteに入れてくれます。iPhoneでとった写真をとりあえずEvernoteに入れたい場合に便利です。

オフライン版が超便利

また、有料会員のみになりますが、オフラインにもデータを貯めておけます。出先で電波が届かないところや、しょっちゅうみたいデータなどは、iPhoneの本体にデータをおいておけて、見るときにいちいちネットにつながなくてよくなります。

これがあるとメモを外で見るときにストレスを感じることがありません。

Evernote for iPhone, iPod touch, and iPad on the iTunes App Store

FastEverを使う

EvernoteのiPhoneアプリもありますが、起動した直後の画面から、ワンタップしないとメモの入力画面になりません。起動はまあまあ早いのですが、ワンステップはさまれるのがちょっとしたストレスになります。

それを少しでも早くするのにおすすめなのが、FastEverというアプリケーションです。すごいスピードでメモをとって直接Evernoteに保存出来るアプリです。

アプリをクリックしたらすぐにメモ入力画面になるため、そこで素早く入力をして、右上のSaveボタンを押せば、すぐにメモを送ることができます。

一行目が自動的にタイトルになるので、後から探したり整理するのも楽ちんです。

iTunes App Store で扱っている iPhone、iPod touch、iPad のFastEver

FastMemoを使う

FastEverの他にも、Evernote専用ではないのですが、FastMemoというアプリケーションもあります。
こちらは、すごいスピードでメモをとってメールやTwitterで送れるというアプリです。

アプリをクリックしたらすぐにメモ入力画面になるため、そこで素早く入力をして、メールでEvernoteのメールアドレスに送れば、すぐにメモを送ることができます。

設定しておけば、自動的にメモをしたときの日時なども入れてくれるので、すごい管理がらくですね。

iTunes App Store で扱っている iPhone、iPod touch、iPad のFast Memo -高速メモ-

TurboScanでレシートやメモを送る

TurboScanというアプリがあります。

カメラでレシートやチラシ、文章などを写真で取ります。

するとこのようになって、きれいにスキャンしてくれます。

あとはメールで送るだけ。

名刺データやレシートなどを僕の場合はガンガンとEvernoteのメールに送っています。

意識しないでためていけるので便利ですね・・・。

iTunes App Store で扱っている iPhone、iPod touch、iPad のターボスキャン [ レシート、書類、ホワイトボードに最適な有能スキャナー ]

Docscannerでレシートやメモを送る

Docscannerというアプリがあります。
上記のTurboScan とほぼ同じなのですが、こちらはScan 後に「Send to Evernote」というボタンが表示されますので、それをクリックするだけでScan した画像がEvernote に送られます。

というわけで

iPhoneと組み合わせるとEvernoteは相当便利なツールになります。iPhoneユーザーはぜひともEvernoteを使ってみましょう!

注意

この記事は、nanapiの関係者からのEvernoteの記事の投稿になりますので、Evernoteキャンペーンの対象外となります。