Googleリーダー使ってますか?

Googleリーダーは、言わずと知れたGoogleのWebサービス型RSSリーダーですが、近年気になる記事を手軽に他サービスに送る機能がつきました。

デフォルトでは下図のサービスが送信先として用意されています。

このレシピでは、この送信先としてEvernoteを登録する方法をご紹介します。

Evernoteを送信先として登録

Googleリーダーの設定画面を開き、「送信先」タブを選択します。
先程の送信先サービス一覧の下のほうにあるお気に入りのサイトが表示されない場合からカスタムリンクを作成をクリックします。

下図のようなテキストボックスが表示されるので、Evernoteを送信先として登録します。

  • 名前:Evernote
  • URL:http://s.evernote.com/grclip?url=${url}&title=${title}
  • アイコンの URL:http://www.evernote.com/favicon.ico

入力したら[保存]を押して登録完了です。

さっそく送ってみよう!

気になる記事を送信

リーダーに戻って気になる記事を送ってみましょう。
「気に入りました!」と思う記事を見つけたら下のほうにあるメニューから「送信先」をチェック。
マウスをかざすと下矢印が表示されます。
クリックすると送信先として登録したサービスが表示されるので、「Evernote」を選択してください。

ノートブックの選択とタグ付け

すると下図のようにノートブックの選択とタグ付けできる画面にうつります。

Evernoteにログインしていない場合は、サインイン画面が先に表示されます。
つけたことのあるタグは数文字入力することで候補が表示されるので便利です。一度もつけたことのないタグを入力した場合は新規タグとして扱われます。

適当に入力してノートブックに移動するかクリップしたページに移動するかを選択します。

(ちゃんとクリップされているかどうか確認)

きちんと、指定したノートブックに指定したタグつきでクリップされていました。

ちなみに、クリップ自体は送信先としてエバーノートを選択した時点で行われているようです。規定のノートブックにタグなしクリップでよければ「ノートブックの選択とタグ付け」は省略してもOKだと思います。

Evernoteをダウンロードしたけど活用できてない方、ぜひお試し下さい!