Androidではアプリのダウンロード・インストールは基本的にGoogle Playから行います。

しかし、中にはGoogle Playにアプリを公開せず、個人的なサイトなどでアプリを配布している場合も存在します。

そこで、そのようないわゆる「野良アプリ」をインストールする方法を紹介します。

アンドロイドアプリをしっかりマスターしたいなら…
Androidのwebサービス・アプリの使い方

apkファイルをインストールしよう

まずはアプリをダウンロード

まずは、アプリの配布サイトからアプリをダウンロードします。

このアプリは、「.apk」という拡張子のファイルで配布されています。

zipなどの形式で圧縮されている場合もあります。その場合は解凍するとapkファイルが出てくると思います

PCでダウンロードした場合は、メール添付やSDカードなどを経由してAndroid端末にファイルを送っておきます。

ファイルマネージャーをインストール

ダウンロードしたアプリはそのままではインストールできません。

そこで、アストロファイルマネージャなどのファイルマネージャーをインストールします。

ファイルマネージャーとは、Windowsの「エクスプローラー」のように、フォルダやファイルの一覧を表示したり、管理・操作したりすることができるアプリのことです。

これで、SDカードの中身を閲覧できるようになります。

アプリのインストール

まずは、「設定」→「アプリケーション」で、「提供元不明のアプリ」のインストールを許可しておきます。

ファイルマネージャーを開き、先ほどダウンロードしたapkファイルを選択します。

ファイルを実行すると「インストール」というメニューが出るので、インストールを実行します。

おわりに

Google Playに掲載されていないアプリには、大変便利なものもいくつもありますが、中にはウイルスのような悪意のあるコードを仕込んだものも存在します。

十分注意して自己責任でインストールしましょう。