はじめに

簡単そうでなかなか難しい安全なパスワードを選びと安全な場所に保管しておくヒントをご紹介します。

パスワードを再利用しない

オンラインバンキングや金庫の暗証番号などの大切な番号を忘れにくいからといって、いろいろいなサイトのパスワードに多用するのは危険です。
パスワードの再利用は危険です。サイトごとに異なるパスワードを作成しましょう。パスワードが第三者に知られた場合、個人用のメールや住所、銀行口座などにもアクセスされてしまう危険性があります。

数字、記号、大文字、小文字を併用しよう

数字だけ、アルファベットだけのパスワードは安全性が低くなってしまいます。パスワードに数字、記号、大文字、小文字を併用すると、推測が難しくなり、不正侵入されにくにくくなります。
 たとえば、数字、記号、大文字、小文字を使用した 8 文字のパスワードは、可能な組み合わせが 6,000 兆を超えます、これは、小文字だけ使用した 8 文字のパスワードの組み合わせの 30,000 倍です。

推測されにくいパスワード作ろう

文字、数字、記号を組み合わせて、自分の個人情報に関係のない固有のパスワードを選択しましょう。、単語やフレーズをランダムに選び、その「先頭」、「途中」、「末尾」に文字や数字を入れれば、推測が困難になります。
「password」などの単純な単語やフレーズ、「qwerty」、「qazwsx」などのキーボードのパターン、「abcd1234」などの連続するパターンは推測されやすく不正侵入される可能性があるので避けましょう。

秘密の場所にパスワードのヒントを保管

パスワードを記録したファイルやメモをコンピュータや机に残すのは危険です。第三者が盗み読み、不正にアクセスする可能性があります。また、パスワードをコンピュータのファイルに保存する場合は、「マイパスワード」のようなわかりやすいファイル名はは危険です。
中身が推測されにくいファイル名をつけましょう。また、ファイルの中にパスワード自体ではなく、自分だけわかるヒントを記載する方法もあります。

おわりに

とても便利なインターネットですが、不正侵入され被害を被ることのないように心がけたいものです。

パスワードの強度をテストできる便利なツールがあるので、安全性をチェックしてみてはいかがでしょうか?

マイクロソフト パスワード チェッカー

参考情報:Googleヘルプ記事 安全なパスワードの選択