はじめに

Gmail」で、添付ファイルをつける作業を効率化する方法を説明します。

Gmailとは、Google社が運営する無料のWebメールサービスです。

パソコンの中心がモバイルになってから、どこからでも同じメールが参照できるGmailなどのメールを使っている人も多いのではないでしょうか。

仕事でメールを使っている人は、添付ファイルをつけることが多いと思うのですが、これが意外と面倒な作業です。

そこで少しでも早くする方法を紹介します。

WindowsVista、Windows7で確認済です。XP以前ではできません

やり方

STEP1:Windowsのスタートボタンをクリック

まず、Windowsのスタートメニューボタン(画面左下)を押します。

STEP2:添付したいファイル名を入力

「プログラムとファイルの検索」があるので

添付したいファイル名を入れます。

STEP3:パスをコピーする

すると、ファイルの検索結果がでてきます。

添付したいファイルが出てきたら、添付したいファイルの上にマウスカーソルをあわせて、キーボードのShiftを押しながら、右クリックをします。

STEP4:Gmailで添付する

「"C:\Users\kensuu\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Recent\添付したいファイル.txt.lnk"」

のような形でファイルの場所のパスがクリップボードにコピーされます。

これをGmailで「ファイル添付」を押したあとの、ファイルの選択画面で、「ファイル名」にそのまま貼り付けをします。

STEP5:完了

そして「開く」を押します。

するとファイルの添付が始まります!

ファイルを検索して貼り付けるだけなので、どのフォルダにどのファイルがあるか探さなくていいので、非常にスピーディーになりますよ。

おわりに

Gmailで、添付ファイルをつける作業を効率化する方法を説明しました。

Gメールの使い方はこちらもご参考ください
Gmailの使い方ガイド 128記事 | nanapi [ナナピ]