はじめに

自分の携帯電話に限って水没することはないと思う方は多いはず。しかし、予期せぬ時に水没してしまうことがあるのです。

本稿では携帯電話が水没してしまった時に自分で簡単に対処できる方法をご紹介します。しっかり対処すれば再び使えるようになりますので、ぜひ参考になさってください。

対処方法

STEP1から順に対処方法をご紹介します。

STEP1 電源は入れては行けない

水没した瞬間、携帯電話が使えるかどうが確認したくなってしまうものです。しかし、ここで電源をON、OFFしてはいけません。携帯電話の中の電子機器がショートしてしまうためです。

STEP2 拭く

まずは可能な限り水滴を拭き取りましょう。ここで念入りに拭いておくことで、新たに携帯電話の内部に水滴が侵入することを防ぎます。

STEP3 電池、カードを抜く

しっかり水滴を拭き取ったら、電池やカードを抜き取ります。そこについている水滴もしっかり抜きとりましょう。

ボタンや通話口などから水が入っている場合があります。携帯電話を振ると水滴が出てくる場合がありますから、試してみましょう。

STEP4 乾かす

そのまま2〜3日間、日なたなどに置いて乾かします。夏場は日陰でもいいでしょう。

ドライヤーで乾かす方もいるようですが、筆者はその経験がないため、おすすめはできません。

STEP5 電源をいれる

十分に乾かしたら、電池パックやカードを挿入して電源を入れます。ここで電源が入れば、ほぼ復活したと考えていいでしょう。

ここで電源が入らない場合でも、しばらくそのまま置いておきましょう。しばらくすると電源が入る場合があります。

おわりに

携帯が水没したときの対処方法はいかがでしたか?最近では防水携帯電話が多いですが、防水機能を過信しすぎず、注意して使用したいですね。

携帯電話が復活しても、水没によって一部の昨日が壊れてしまった可能性があります。携帯電話の調子が少しでも悪いと感じたら、早めに新しい携帯電話に切り替えるようにしましょう。