はじめに

十分気をつけていても、うっかりして携帯電話を水没させてしまうことがあります。例えばジーパンなどのボトムスの後ろポケットに入れていたのを忘れてお手洗いに行ってしまったというケースもあるでしょう。

洗濯機で回してしまった後で気付いた時など、長時間水没させた時は復帰させるのは難しいですが、一瞬水に浸かってしまった時は復帰させられる場合もまれにあります。今回はその際のポイントをご紹介します。

携帯電話が水没した時の「応急手当」

ドライヤーで乾かす

一瞬だけ水没してしまった携帯電話を水から取り出したら、すぐに電池パックを取り出しSIMカードやSDカードなどのパーツも取り出し、まずは携帯電話全体をドライヤーで乾かしましょう。

水没した時のサインは消せませんが、辛抱して弱めの風を送って乾かしていくと、もう一度電源が入る場合があります。水没していた時間が長くて細かい部分まで水が入り込んでいる場合は難しいでしょう。

冷風より温風のほうが乾きやすいのでおすすめしますが、この時にドライヤーを近づけ過ぎて本体やパーツを加熱してしまわないように十分気をつけてください。

すぐに電源を入れない

水没させるとおそらく電源が落ちて画面が真っ暗になっているでしょう。焦ってパニックになり、何とか早く復帰させようとしてすぐに電源を入れようとするとかえって壊れやすくなります。

最初に挙げたポイントにあるようにまずは電池パックやパーツをドライヤーで乾かした後、しばらく時間を置いてから電源を入れてみてください。場合によってはまた電源が入ることもあります。

液晶画面にも水が入ってしまうと線が入ったり画面の半分が映らなかったりします。電源が入っても画面がダメな場合は、元の状態に復帰させるのはかなり難しいでしょう。

おわりに

「ほんの一瞬水没しただけ」と思っても、ダメージが大きくて何をしても復帰させられない場合も多々あります。前もって水没した時にフォローしてもらえるプランに入っておくことが大切です。

もし復帰させることができてしばらくは使うことができても結局不具合が出てくることもあるので、今回ご紹介した方法は「応急手当」のようなものだと考えてください。