はじめに

まず言えることは、ケータイは1度水没させてしまったら、基本的にもう以前のように使うことはできないということです。

ただデータを取り出したり、何とかできることはあります。多少荒ワザですが、水没ケータイを復旧させる方法をご紹介します。

用意するもの

  • 冷凍保存用パック
  • アルコール(無水エタノール。なければ消毒用エタノールでも可)
  • ドライヤー ##やり方 ###STEP1 水没させてしまったら、決して慌てず、できるだけ迅速に処置します。

まず電池とSIMカードを取り外してください。絶対に電源を入れたり充電したりしてはいけません。

電池入れの内側には水濡れ反応シールが貼ってあり、水濡れ前はきれいなピンク色の水玉模様をしていますが、水没すると水玉が滲んで消えたような状態になります。

STEP2

次に冷凍保存用パックの中にケータイを入れ、アルコールをケータイを完全に浸すまで注ぎます。

その後、十分にシェイクします。

STEP3

5分か10分ぐらいシェイクしたらケータイを取り出し、乾いたタオルの上に置き、十分に拭き取ります。

その時ケースを開けて、基盤内をアルコールで丁寧に拭いていくと尚いいでしょう。

十分に拭き取ったら、ドライヤーを当てて乾かします。ただしここで気をつけるのは、温風ではなく冷風を当てるということです。

STEP4

十分乾いてアルコールが飛んだら、電池を取り付けます。濡らしていない予備の電池があれば、そちらを使ってください。

ここで電源が入れば、データが復活できる可能性は非常に高くなります。うまくいったらショップへ行き、データを取り出してもらってください。

一見して復活したように見えても、実際は中の基盤はすぐに腐食が進んでいきますので、そのまま使うことはお勧めできません。

おわりに

ドコモの携帯電話の場合は、水没事故に備えてケータイ補償 お届けサービスに加入申し込みしておくことをお勧めします。

お風呂場でケータイを使っていて浴槽に落とした、ケータイを上着のポケットに入れたままなのを忘れて洗濯してしまった、胸ポケットに入れた状態で前屈みになってトイレに落とした、などのケースが多いですね。

今は防水ケータイが主流になりつつありますが、それでも完全ではありません。日頃から十分気をつけましょう。