友人と集まった飲み会では、写真を大量に撮りますよね。

最近ではプリントした写真を渡すことが減り、写真共有サイトなどのオンラインサービスを使って写真を渡すことが多くなりました。

プリクラと同様、友人との楽しい思い出をより鮮明に残すべく、写真に落書きをして渡したいこともありますよね。

今回は写真加工が無料でできる、オンラインサービスを紹介します。

オンラインサービス「Pixlr」

「無料で使えて、しかも高機能」と評判の高い画像編集サービスにPixlrがあります。

まずは、下記リンクよりサイトにアクセスしてみましょう。

使い方

画像をアップロードする

サイトトップにある「Open Image Editor」をクリックすると、画像編集を開始するためのメニューが表示されます。

ここでは「コンピューターから画像を開く」をクリックし、ダイアログに従って加工したい画像をアップロードします。

アップロードが完了すると、編集画面に自動的に移ります。

文字を書く

画像に文字を書くには、左側に並んでいるツールバーから「タイプツール」を選びます。

カーソル画像が変わるので、文字を入力したい位置でクリックし、文字を入力しましょう。

文字のサイズ・フォント・スタイルは、画面上に表示される詳細設定で変更できます。

フリーハンドで絵を書く

フリーハンドで絵や文字を書くには、右側に並んでいるツールバーから「ペンシルツール」を選びます。

ペンシルツールを選択すると左上に線の太さを調整するためのメニューが表示されます。ここで太さを調整してください。

線の色はツールバー下部にある、カラーチップの左側をクリックし、書きたい色を選びます。

あとは、画面上をドラッグすれば設定した線の太さと色で書くことができます。

加工した画像を保存する

加工した画像は左上メニューの「ファイル」から「保存」を選択し、ダイアログに従って保存します。

オリジナルと同名にしてしまうと、編集元の画像に上書きしてしまうので注意しましょう。

おわりに

ご紹介したサービス以外にも、無料で使える画像編集オンラインサービスは数多くあります。

使い方の基本はほぼ同じですので、お気に入りのサービスを探してみてくださいね。