はじめに

買ったときは快適に使えたパソコンも、時間がたつにつれてだんだんと動作が遅くなってきますよね。
その遅くなってくる原因の一つとして考えら得るのが「ディスクの断片化」が上げられます。
実はちょっとした操作でこの「ディスクの断片化」を解消することができるんです。

ディスクの断片化が起きるとどうなるの?

「ディスクの断片化」とは、パソコンに保存されたデータが散らかっていくことを言います。
パソコン自体が管理しているデータが散らかっているため、利用者の目には見えません。しかし、データが散らかっていくにつれて動作は確実に遅くなっていきます。
データがちらかかることを防ぐことはできませんので、一度散らかったデータを「整理」しなおしててあげることが必要です。

ディスクの断片化の状況を確認する

まずは、いまどれくらい「ディスクの断片化」が発生しているのかをチェックしてみましょう。

「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「ディスク デフラグツール」をクリックしてください。

デフラグツールが起動できたら上記のウィンドウが開きます。それではディスクの分析をクリックしてください。
分析が終わると、上記の「7% 断片化」の表記が最新のものに更新されます。

ここの数値は10%未満が好ましいとされています。10%を超えているようであれば、「ディスク最適化」を行いましょう。

ディスクの最適化を行う

それでは、右下にあるボタンの「ディスクの最適化」をクリックしてください。あとは待つだけです!

完了するまでには数十分~数時間かかる場合もあります。実行は計画的に!

スケジュール化することも可能

ノートPCでも、常時つなぐことが多い場合はスケジュールを構成してもよいでしょう。
右上にある「スケジュールの構成」をクリックすることで、自動的に最適化を行うこともできます。

電源が入っていなければ実行されません!持ち運びがメインの人は、手動で実行したほうがよいでしょう

注意点

動作が早くなる「ディスクの最適化」ですが、やりすぎはディスクの寿命を縮める原因になります。
不要なときは実行しないように注意しましょう!