はじめに

前回の初投稿記事『Everote』と『秀丸』と『ひとりWk』の連携で快適メモ生活!が非常に好評だったため、Evernoteと関係ない部分をピックアップして、紹介します。
今回は『秀丸』と『ひとりWiki(wiki2html)』の連携にしぼっています。

コンセプト

  • 編集がし易いこと
  • マウスを使わず全てが行えること
  • アウトプットがカスタマイズできること

設定手順

上記のコンセプトを実現するために、次のような設定を行っています。
なお、「ひとりWiki(wiki2html)」を使ってアウトプットを作る設定は『Everote』と『秀丸』と『ひとりWk』の連携で快適メモ生活!をご参照ください。
(「ひとりWiki(wiki2html)」のインストールとマクロ③のセットは必須です。)

【1】編集がし易いこと

Wiki形式で書くのは、1週間程メモ書きを常にこの形式で書くようにしていると、自然と慣れてきて、特に意識することなくできるようになります。
さらに、書きながら頭の中でブレイクダウンできるようになるのでオススメです。
ただ、如何せん初期設定のままだと見にくいため『秀丸』に以下の設定をしてあげます。
(私の場合の見やすい色なので、細かな設定は各自で変えた方がしっくりくると思います。)

[メニュー]→[その他]→[ファイルタイプ別の設定]

ここで[設定の対象]として[デザイン]の下の[強調表示]を選び、次の設定を行います。

【行の強調1】^##([^\s##]+|\s+\S+).##> 【行の強調2】^####([^\s##]+|\s+\S+).##> 【強調1】^-([^\s-]+|\s+\S+).##> 【強調2】^--([^\s-]+|\s+\S+).##
これで表示が代わり、見やすく編集しやすくなりました。
※階層は「見出し」も「箇条書き」も"3"まであるのですが、設定しすぎると逆に見にくいので"2"までにしています。

【2】マウスを使わず全てが行えること

『Everote』と『秀丸』と『ひとりWk』の連携で快適メモ生活!の記事にあるマクロを実行すると、タイトル入力のダイアログが表示されます。
好きなタイトルを入力し「Enter」を押すと、指定のブラウザが自動で立ち上がり、整形されたHTMLファイルが表示されます。
一度設定してしまえば、ここまで一切のマウス操作は必要ありません。

【3】アウトプットがカスタマイズできること

「ひとりWiki(wiki2html)」で生成されるファイルは別にwiki.cssファイル(装飾などを設定しているファイル)があるため見た目のカスタマイズが可能です。
私は見た目をいじるのが好きなので見出しの設定などを変えています。
逆に見にくくなった感もありますが。。。
適用してみたいという方は同じ名前の括り(h1やpreなど)が存在する場合は置き換えて、存在しない場合は一番下に追加してください。
また、h2の背景用画像はこれです。

(コピーしてwiki.cssと同じフォルダへ配置してください)

h1 {
font-size: 40px;
font-weight: bold;
border-left-style: solid;
border-left-width: 30px;
border-left-color: #020202;
padding: 1px 0px 1px 10px;
border-right-color: #020202;
border-right-width: 13px;##/
text-align: left;
border-bottom-color: #5C677B;
color: #5C677B;
}

h2 {
background-image: url(h1_back.gif);
background-repeat: repeat-x;
background-position: bottom;
font-size: 24px;
font-weight: bold;
border-left-color: #0099FF;
margin-top: 5px;
margin-bottom: 5px;
border-left-width: 7px;
border-left-style: solid;
padding: 4px 0px 3px 10px;
}

h3 {
font-size: 22px;
font-weight: bold;
text-shadow: 4px 4px 1px #CCCCCC;
margin-top: 5px;
margin-bottom: 5px;
padding: 4px 0px 3px 10px;
background-color: #EAF9FD;
}

pre {
border-style: solid;
border-width: 1px 1px 1px 1px;
border-color: lightsteelblue;
margin-left: 10px;
padding: 5px;
font-size: 14px;
background-color: #F5F9FF;
}

h2:first-letter {
font-size: 1.5em;
}

h4 {
padding: 0px 0px 0px 0px;
border-bottom-style: solid;
border-bottom-width: 1px;
margin-left: 10px;
}

おわりに

キチンと稼働すればこの画像のように出力されるので、あとは印刷すればレジュメなどの資料の出来上がりです。(wiki.cssの設定をされた方は背景画像が印刷されるようにする設定が必須です)

今回も設定ごとが多くなってしまいすみません。
自分PCの環境によって変えなければならないことがあるかもしれませんのでご注意ください。

追記

情報管理術の全体像を改めてまとめました!こちらも是非!
- 『デジタル』も『アログ』も全てが繋がる情報管理術