はじめに

nanapi(このサイトですね)の記事は承認制となっています。記事の質をあげるために、ある程度のクオリティのものだけが記事一覧で出て来る仕組みとなっています。

そこで、nanapiを投稿する際に承認されやすい内容をご紹介します。あくまで一例ですが、悩んだら参考にしてみてください。

こちらも確認してください! - nanapiの使い方

書き方のポイント

はじめに、と導入を書く

最初には「はじめに」などで導入分を書きましょう。

このように見えて、すっきりとします。

書き方は

*はじめに

のように、冒頭に「*」をつけたあとに「はじめに」を書きます。この「*」は大見出しという意味です。

実は投稿画面には、この「*」マークが一発で出るボタンがあります。

ここを押すと、下のフォームに自動的に「*」と入るので試してみてください。

方法、と記述する

「はじめに」のあとには「方法」や「ステップ」を書きましょう。

これも同じように

*方法

と書けば大丈夫です。

前提やステップを書く

前提情報を書きたい場合や、ステップで書きたい場合は

** STEP1

などと書くのがおすすめです。

STEPがあるものにはオススメですね。

文字数などについて

文字数について決まりはありませんが、だいたい800文字以上あるのがオススメです。

ちょっと説明しすぎかな?というくらい説明をしたほうが読んでいる人はわかりやすいみたいですね。

文字数を調べたい場合は

などを使うと簡単です。

改行について

内容が変わるまでは改行しない

改行ですが、基本的には、内容が変わるまでは改行をしない、というのがコツです。

たとえば

こんな感じで
改行をして
書いちゃうのは
実は読みづらい場合が多いかもしれません。

意味が区切るところまでは改行せずに、書いて、そのパラグラフ(文章の塊)が終わったら、一行あけて次を書く、というのがキレイに見えるコツです。

改行は3行ごとくらいに

だからといって、改行をしないのは読みづらさの原因となります。

なるべく、2~4行ごとに改行が一行入る(パラグラフが変わる)ようにすると読みやすいですよ!

おわりに

というわけで、少しコツをつかめばすぐにnanapiは書けるようになります!ぜひお試しください!