はじめに

こんにちは。iPhoneを使っていてSafariがフリーズしたことはありませんか?画像がたくさんあるページや重たいブログパーツが貼付けてあるページなどではSafariが耐えきれなくなってフリーズしてしまうことがあります。

今日は、Safariがフリーズして操作ができなくなってしまった場合の対処方法をご紹介します。

アプリケーションを強制終了する

SafariをはじめとしたiPhoneにインストールされているアプリケーションがフリーズした場合は、アプリケーションを強制終了する必要があります。

アプリケーションの強制終了は以下の手順で行います。

  • 「スリープ/スリープ解除」ボタンを赤いスライダが表示されるまで押し続けます。赤いスライダが表示されたら、「スリープ/スリープ解除」ボタンを離します。

  • 赤いスライダをドラッグせずに、ホームボタンを 約 6 秒間押し続けます。

ホームボタンを約 6 秒間押し続けても、ホーム画面が表示されない場合は、iPhoneを再起動してください。
iPhone and iPod touch:フリーズして反応しなくなる

ボタンの名称

スリープボタンやホームボタンと言われてもどこのことかわからない人がいると思います。実際、僕もはじめはそうでした。以下の画像でボタンの位置を説明していますので、参考にしてください。

おわりに

Safariがフリーズしても上記のような手順でまた動作するようになるので、慌てる必要はありません。

ただし、上記の手順は動作中のアプリケーションを強制終了させるため、編集中のデータなどは復旧できない可能性がありますので、注意してください。