はじめに

オークションに出品するときにも、落札するときにも気になるのが「商品の価値・相場」ではないでしょうか。

今回は、オークションの落札相場がわかる「aucfan」の利用の仕方をご紹介します。

aucfanって、なに?

aucfan

ある商品を検索すると、Yahoo!オークション、モバオク、楽天オークション、ビッダーズの過去のオークションの結果から、その商品の相場、平均価格、最高値、最安値などの情報を知ることができます。

有料会員では過去2年分、無料会員では過去1年間の相場を確認することができます。その他、出品や落札に便利な機能も用意されています。

aucfanは、会員登録をしなくても検索して相場は確認ができますし、会員登録すれば、便利なツールをマイページから利用することもできます。有料会員になれば、使えるツールも増えます。

出品者が利用するメリット

価格設定の参考になる

例えば、500円の価値しかないのに、1,000円の値をつけて出品しても、なかなか落札されないことが多いでしょう。aucfanで自分が出品したい商品の平均落札額などを参考にして、最適な価格を設定することができます。

自分には不要でも、調べてみると意外と高値で取引されているものがあったりしますので、古いものやよくわからないものを出品したい場合などは、必ず調べておきましょう。

出品者用のツールが使える

Yahooオークションへの出品であれば、無料会員でも3回まではかんたん出品ツールを使えますし、一括送料比較ツールなどを利用することができますので、商品の価値を確認して、そのまま出品をすることも可能です。

出品用のテンプレートが提供されていたり、初心者の方には出品代行の紹介もされています。

落札者が利用するメリット

入札額の参考になる

自分が落札したい商品の過去の平均価格や最近の傾向などを確認することで、その情報を参考に「いくらまで入札しよう」と決めることができます。よくわからずに、なんとなく「5,000円入札しよう」というのを防ぐことができます。

オークションは引き際も肝心です。初心者の方は「どうしても欲しい」と思って、高額入札をしてしまうこともありますが、同じ商品が他にある可能性もありますし、相場よりも高値で落札するのは、ちょっと損かもしれません。

落札用のツールが使える

ヤフオクとモバオクの入札予約ができるツールを利用できます。あらかじめ設定した時間と入札金額で入札されますので、予算オーバーでつい入札してしまった、どうしても終了時間にパソコンに向かえない時などに便利です。

また、欲しい商品が出品されたときにその情報を知りたい場合は、検索アラートの通知機能を利用できます。あらかじめ設定した時刻、検索条件でヤフオクを検索し、メールで通知してくれます。ブックマークも利用可能。

おわりに

オークションに参加する場合、出品者としても落札者としても、ただ闇雲に参加すればいいというわけではなく、最低限の事前調査は必要です。aucfanを活用してみてはいかがでしょうか。

(Photo by 著者)