はじめに

新生活が始まって、いろいろな人に出会う機会が増える方も多くなります。最近だと、ネットを使う人も多いので、家に帰ってから「今日会った人はどんな人だろう?」ともらった名刺に書いてあるTwitterのアドレスを元にGoogle(グーグル)で調べてみたりすることもあるかもしれません。

せっかくの出会いですから、そのつながりが少しでも広がったら楽しいなーって思いませんか?もちろんこの春から営業職についた人は、なおさら自分を売り込んで印象付けたい!と思っていることでしょう。

「Googleの検索をする」方法はよく紹介されていますが、「検索される」にはどうすれば良いのでしょうか?

そこで、出会った人が後からGoogleで検索してもらえるようなワザを考えてみたいと思います。

ユニークなIDを考えよう

ネットで検索してもらうには、名前で検索してもらう方法があります。出会った相手に名刺を渡していたら、その名前で検索してもらえますよね。

そこで一歩進んで、自分のユニークなIDを考えてみましょう。

ID(アイ・ディー)とは、自分を示すニックネームみたいなもので、最近流行のTwitterだとアドレスの最後に付く文字ですね。

ちなみに自分のはこんな感じです。
http://twitter.com/tetsuwan30

ユニークなIDを付けるというのは、「面白い」IDというわけではなく、元々の英語の意味の「同一ではない」IDという意味です。

簡単に言うと、他の人とは違う名前にするということです。

例えば、「山田太郎」さんだと、「yamada」というIDにしたいかと思いますが、これだと多くの「山田」さんとかぶってしまいます。

なので、例えばフルネームで「taro_yamada」「tyamada」とすると他の「山田」さんと違いが出ますね。

さらに自分の特徴、業種を付け加えてもいいかもしれません。
「yamada_ebilove」「yamada_flower」

自分の勤めている会社や取り扱っている商品をIDに付け加えて特徴を出す!(「rokesta_yamada」「nanapi_yamada」)ということも有りかもしれません。ただし、使う前には、自分が勤めている会社の方針や社則を確認しておきましょう。不安なときは会社の話が通じそうな先輩に相談してみるといいかと思います。

twitterに登録しよう!

IDを考えたら、何かWebで情報発信が出来るサービスに登録しましょう。今流行のTwitterが手軽かと思います。

twitterの登録の仕方は、こちらを参考にしてください。
Twitter(ついったー)のはじめの一歩

登録してしばらくすると、Googleで検索できるようになります。

ぜひ、自分のIDをキーワードに検索してみましょう。

プロフィールを充実させよう!

プロフィールを充実させると、「検索したけど、この人であってるのかな?別人かしら?」と相手を心配させることが無くなります。

全部さらけ出す必要はありませんので、一度でも会った人なら分かるような特徴(性別、出身地、職種や業種)を書いておくといいですね。

これで、検索してあなたを見つけた人も、安心です。

名刺に書こう!

個人の名刺や会社の名刺に自分のtwitterのアドレスを書きましょう。ついでに『「yamada_ebilove」で検索してください!』と自分のIDで検索してもらえるように一言書くのもいいかもしれません。

もちろん、会社の名刺に書くときは会社の許可を取ってくださいね。

こんなサービスを使ってみても面白いですね。
http://twitter.tyoe2.com/meishi/

twitterをしよう!

一日一回でも構いません。思いついたこと日常をtwitterでつぶやいてみましょう。誰かが検索してきたときに、そこから話題を拾ったりしてつながりが増えていきます。

検索をバリバリ使いこなすだけではなく、バリバリ検索されるようになるともっともっと検索が楽しくなってきますので、ぜひトライしてみてください!