はじめに

iPhoneは非常に独特な携帯電話なので、普通の「ガラパゴスケータイ」から切り替えてすぐは戸惑うこともあるかもしれません。

でも実は簡単に使えてとても役立つ便利な裏技が満載です。そこで今回は2つのポイントに絞って、iPhoneならではの機能を最大限活用する方法をご紹介します。

2つの裏技を覚えてiPhoneを使いこなすコツ

スクリーンショット

1つ目の裏技はスクリーンショットです。今自分が見ている画面をそのまま写真として残すことができるという大変便利な機能です。

操作も非常に簡単です。右上の電源ボタンと下のホームボタンを同時に短く押せば、上の図のようにその時開いている画面が写真になります。

撮ったスクリーンショットはそのままカメラロールの中に保存されますので、そこからパソコンに転送したり同期させたりすることもすぐできてとても便利です。

例えばどこかに出かける時に目的地近辺だけの地図が分かればよい場合、マップのアプリを起動させてスクリーンショットを撮ればその後はカメラロールからいつでも地図を確認できます。

機内モード

もう一つの便利な機能は機内モードです。設定から機内モードに切り替えると電波を出すことも受けることもしないので、キャリアを検索し続けてバッテリーを消耗することがありません。

長時間のフライトの場合、機内でも通信を利用しないゲームやiPodに入っているお気に入りの音楽を楽しむことができますのでとても便利です。

機内モードの裏技的な使い方として、日常生活でも携帯電話としての機能を自発的に「圏外」にできるという特徴を活用することをおすすめします。

例えば仕事の会議中など、電話やメールの着信で妨げられては困る場面で機内モードを使えば、着信が来る心配はなく「ボイスメモ」や「メモ帳」などのiPhoneの機能を使うことができます。

おわりに

いかがでしたか。簡単な方法でiPhoneをさらに便利に使いこなすことができるので、iPhoneユーザーの方はぜひ今日から試してみてくださいね。

(Photo by 足成、著者)