はじめに

今や何をするにもインターネットが必須な時代。インターネットで色々な情報を発信することが出来るので、様々な用途でHPを個人で持つ人が多いと思います。

でも、いざHPを作りたくても作り方がわからない・・・インターネットは出来るけど、HPってどうやって作るの?と思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで個人でHPを作る時に考えたいこと・・・についていくつかのポイントをあげたいと思います。

どんなHPを作りたいのか

まず考えなければならないことです。お店を持つ人なら、お店のHP、趣味を紹介したいなら、趣味のHP、活動しているバンドのHP・・・など、色々な用途が考えられます。

目的は何か

物を売りたいのか、物を紹介したいのか・・・ということを明確にする必要があります。

目的の無いHPは、せっかく作っても誰も見てくれません。せっかくHPを作るのなら、多くの人が見てくれるようなHPにしたいものです。

ソフトを利用する

HPを作るには、ソフトが必須・・・という訳ではありません。パソコンの元々の機能であるメモ帳(テキストエディタ)があれば作れてしまいます。

ただし、HTMLタグの知識やソース記述方法がわからなければ、HPを構築することは出来ません。そこで個人の人でも簡単に作れてしまうソフトを利用するのも一つの手です。

HP制作ソフトの代表的なものをご紹介します。

  • ホームページ・ビルダー
    これは初心者でも手軽に作れるソフトです。趣味のHPなどを作るのには最適です。HTMLタグの知識が無くてもHPを作ることが出来ます。

  • ドリームウィーバー
    ビジネス向けの上級者がよく使用しているソフトです。HTMLタグの知識が必要になります。デザインにこだわって作ることが出来ます。高度な機能もあり、使いこなすことが出来れば質の良いHPが作れます。

初心者でしたらホームページ・ビルダーが良いでしょう。ソフトの価格もリーズナブルです。ただ将来的に本格的にHP制作を視野に入れた場合には、ドリームウィーバーがあると便利です。

サーバーを借りたりドメインを取得したり

いざHPを作っても、アップロードするサーバーやドメインが無いと、インターネット上に公開することは出来ません。事前に準備をしておくことが必要です。

ただし、サーバーもドメインも月額でコストがかかりますので、HPをある程度作ってから借りるのが良いかもしれません。

アップロードをする

HPを作ってサーバーとドメインも取得したら、あとはアップロードをするだけです。アップロードをするにも専用のソフトが必要です。

HP制作ソフトを使ってアップロードする方法も

HP制作ソフトを使えばアップロード機能も付いているので、制作しながらアップロードすることも出来ます。

間違えたものを上書きしないためには、アップロード専用のソフトをダウンロードしておいた方が良いでしょう。

無料でダウンロードが出来るソフトがありますので、こちらを利用するのも手です。お金がかかるソフトも安く手に入りますので、オススメです。

おわりに

HPを作るのには時間と多少のお金がかかるものです。せっかく作るのなら、意味のある活気のある良いサイトにしましょう。

作ったら終わりではなく、そこから始めるためにHPを作ってくださいね。