はじめに

どうせGoogle(グーグル)で検索するのなら、誰よりも早く検索したいものです。

特定のサイトに最速で行きつくための、「中抜き」検索術をお教えします!

今回は「特定のサイトに最速で行きつく」のが目的です。なので、「計算機能を使いたい!」とか他の目的とは合致しませんのであしからず。

「中抜き」検索術とは

キーワードを入力後、Googleの検索結果をすっ飛ばして、目的のサイトを表示!

これが「中抜き」検索術です。

これは、下記の記事に書いてある検索のコストを最小限にする一つの方法だと考えています。
検索とは何か、を考えてGoogle検索のコツをつかむ

準備

自分がお使いのブラウザにあわせて、Googleの「I'm Feeling Lucky」機能を設定します。これは、検索結果を表示させず、検索の結果の一番目にくるサイトに直接移動する機能です。

詳しい解説はこちらをご覧ください。
google -「I'm Feeling Lucky」の解説

Firefoxの場合

アドレスバーに「about:config」と入力して環境設定を行います。

「細心の注意を払って使用する」を押すと設定画面が出ますので、フィルタに「Keyword.URL」を入力してください。

すると「Keyword.URL」の項目が出てきますので、右クリックから「値を変更」を選び、値を「http://www.google.com/search?btnI=I%27m+Feeling+Lucky&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=」に書き換えてください。

こんな感じで、ロケーションバーから検索ができます。

Chromeの場合

下記の内容に従って、設定を行ってください。
http://d.hatena.ne.jp/dacs/20100221/1266685179

こんな感じで、ロケーションバーから検索ができます。

Operaの場合

下記の内容に従って、設定を行ってください。
http://d.hatena.ne.jp/amatanoyo/20080627/1214572943

こんな感じで、ロケーションバーから検索ができます。

IE(インターネットエクスプローラー)の場合

下記のGoogleツールバーをインストールしてください。
http://www.google.com/intl/ja/toolbar/ie/index.html

こんな感じで、ロケーションバーから検索ができます。

実践

準備が整いましたら、さっそくブラウザを起動させて目的のサイトを開きましょう。

目的のサイトに応じて、最初に何を入力するかが大事です!

「キーワード」だけで行けるサイト

「ナナピ」、「ヤフー」、「マイクロソフト」など、サイト名や企業名であれば、それをそのまま入力します!

「キーワード+条件式」で行けるサイト

「ノラ猫 site:nanapi.jp」という風にすれば、ナナピの特定ページを開くといったことができます。

下記の記事を参考に、条件式を考えてみましょう。
Google検索のプロになるための17Tips
Life with Google -こんなとき、Googleで-

URLを直接入力する

「gree.co.jp」「gree.jp」といった形でURLで直接入力するという手もあります。

もはや検索ではありませんが、キーワードで検索するよりも、目的のサイトを把握している場合は有効です。

目的のサイトがビシバシ表示されるようになると、快適さが増すことでしょう。特に他の人前で、さくさくと表示させると驚かれること必至です。ぜひお試しあれ!