はじめに

不要になったものがまだある程度きれいな状態の場合は、インターネットのオークションで売ると家の中がスッキリするうえに収入にもなって一挙両得ですね。

個人で出品なさる方の最大の悩みやポイントが写真の撮り方かもしれません。そこで今回は上手な出品用写真の撮り方のコツをまとめてみました。

高く売るための商品写真を撮るコツ

照明は明るくする

最初のポイントは写真を明るい照明の下で撮ることです。照明が暗いと写真全体が暗くなり、見たときの印象がいまいちになってしまいます。

それでオークション出品用の写真に関しては、オレンジがかった電球色よりも太陽光のような昼白色の照明が実際の色や素材感を伝えやすいのでおすすめです。

もし衣服類を出品した場合、服の素材感や色がきちんと伝わらなかったりすると後でクレームがきてトラブルになることにもつながりかねませんので気をつけましょう。

背景

商品の背景はできるだけ白っぽい無地の壁紙やカーテンなどを選ぶようにしましょう。例えば上の写真を参考にしてみてください。商品の大きさや色などが分かりやすくなるのでおすすめです。

逆に背景がゴチャゴチャしていたり色が濃過ぎたりして商品の雰囲気が伝わりにくくなってしまうと、アクセスした人もじっくり見てくれないかもしれません。

細部を撮る

出品用の写真を撮る前に、もし自分が落札する側になったとしてその商品について知りたいポイントを考えて、それらのポイントを押さえて細部の写真も撮るように心がけましょう。

例えば洋服であればブランドのタグやサイズ、使われている素材などを詳しくチェックしたいはずです。電気製品であれば上の写真のように型式の番号が分かれば自分の探しているものかどうかを判断できます。

例えばヤフーオークションのデフォルトでは3枚写真を載せることができるので、全体像と細部を撮って載せることをおすすめします。

おわりに

たくさんの商品の中から自分が出品したものを選んでもらうためには、写真の第一印象は非常に重要になってきます。これらの簡単なコツを活用してぜひ上手な写真を撮ってくださいね。

(Photo by 足成、著者)