Twitterやブログのおかげで自分自身のホームページを持つ人があまり目立たなくなってきました。

しかし!まだまだホームページの魅力は捨てがたいもの。

日記ではなく自分の情報を、きれいなデザインで見せるというのも魅力的ですね。

そういった、まだまだホームページラブな人のために、ブログを使って、メンテナンスが簡単なホームページの作り方を教えます。

今回は実際にブログをホームページとして使っているサイトを例にざっくりと説明しようと思います。

手始めに

ホームページの実際の作り方を説明する前に、今回の記事の趣旨を説明します。

参考にするホームページ

手前味噌ではありますが、僕が作ったホームページを例とします。

本当はもっと良いページがあるんですが、勝手に使うわけにも行かないものですから、今日のところはご勘弁を。

uLive Commウェブサイト

なぜブログを使うのか

ホームページを作ろうというのになぜブログを使うのか。疑問に思う方も大勢いるかもしれません。

ブログの仕組みというのは、デザインを決めたら後は日記を書くように記事を追加すると、自動的にデザインに合わせてページを追加してくれます。

これを、ホームページの管理に応用すると、日々の情報更新がとても楽です。

特に楽だと感じるのがページのアップロードとバージョン管理でしょうか。ちょっと修正するたびにアップロードしたり、ページを追加するたびにリンクを修正したりと行った手間がブログだとほとんどありません。

これを使わない手はないでしょう。

ブログを変身させる方法

それでは、実際にブログをホームページに変身させる方法をみていきましょう。

ブログを作る上で考えることは以下の3つ。
- デザイン
- メニュー
- アクセス数の管理

ほかにもいろいろあるかもしれませんが、基本的にはこのような感じだと思います。

では、それぞれについて解説をします。

デザイン

ブログをデザインするとき、膨大な数のテンプレートの中から選ぶことができますが、せっかくホームページなので自分でデザインを作りましょう。

上の画像を例にすると、これはテンプレートを使わず、HTMLとCSSを編集して背景やトップのタイトル画像を追加しています。

Livedoorブログなんかはトップページと記事ごとのページでデザインを変えたりすることもできて、デザインの幅がぐっと広がります。

元々枠組みが用意されているので、ホームページ初心者でもそれほど苦労することなくデザインを変更できるでしょう。

メニュー

次に、メニューを作っていきます。

企業のホームページなどには種類別に記事や情報がまとめてあって、各分類にメニューからリンクが張ってあったりします。

上の画像のような感じですね。

ブログではあまり見かけないものですが、カテゴリという機能を使うと同じことを実現できます。

ブログでは記事にカテゴリを設定することができるのですが、ちゃんとカテゴリごとにURLが指定されているので、メニューのデザインを作って、それぞれの項目からカテゴリにリンクするだけでサイトメニューが作れます。

アクセス数の管理

ホームページでは毎日どのくらいの数の人がアクセスしてくれているのかを知りたいですよね。

ブログであれば何の設定もする必要がなく、アクセス解析が用意されている場合があります。

この辺も、Livedoorブログが便利です。ログイン後に管理ページに行くだけで今日と昨日のアクセス数が表示されていますから。

おすすめのブログ

では、実際にホームページを作ろうと思ったときに、どこを選ぶと良いのかを説明します。

おすすめのサービスは以下の3つです。

Livedoorブログ

言わずと知れた老舗のブログサービス。

今回の記事でもたびたび出てきたとおり、デザインのしやすさやアクセス解析の機能がとても優秀です。

また、月額315円を支払うことで独自ドメインを利用することもできます。

独自ドメインというのはhttp://〜〜〜.com といったアドレスを好きなものに変えられるサービスです。

ドメインの取得と設定には少し手間がかかりますが、.comのアドレスなら年額1000円しないくらいで利用できます。興味があれば試してみてください。

忍者ツールズ

今回例として紹介した僕のサイトも忍者ツールズを利用しています。

このサービスのブログが良いのはなんと言っても広告がほとんどないことです。おかげで本当に思ったとおりのデザインが可能になっています。

ただ、アクセス数を知りたい場合には少し設定が必要なのと、利用者はLivedoorに比べ少ないのでアクセスは集めづらいかも知れません。

しかし、独自ドメインが無料で使えるためかなりお得です。

SeeSaaブログ

SeeSaaも独自ドメインが無料で使えます。

デザインのカスタマイズは上の2つより若干やりづらいと感じました。ただし、この辺は個人差があるので事前に調べてみてください。

広告も少なめなので閲覧者にも優しいでしょう。

おわりに

かなり駆け足で説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

たぶん、デザインの仕方やHTML、CSSの勉強の仕方やコツはほかの方々がすてきな記事を書いてくれるだろうと思い、ちょっと違う角度で攻めてみました。

そういった方々の記事でホームページ作りの基本を勉強して、ブログ変身法に応用してみてください。