はじめに

Macで好きなエリアのスクリーンショットを便利に撮る機能を紹介します。

Macユーザーの方には当たり前の機能かも知れませんが、自分は最近Macに乗り換えたところ、Macに元々ついているスクリーンショット機能に驚いたので、そのような人には役に立つかと思います。

基本は[Command+Shift+4]

まず[Command+Shift+4]を押します。

そうするとポインタが射撃場で見かけそうな形(変な例えですみません)に変わります。そのまま切り取りたい範囲をびびぃ〜っとドラッグ。

そうすると「カシャッ」ってカメラのシャッター音が鳴り、スクリーンショットが撮られます。めちゃくちゃ簡単です!すごいなと思ったのは、撮ったスクリーンショットが勝手にデスクトップに保存されるという点。

自分のWindowsPCでは自動保存は出来なかったので、すごく便利になりました。

ウィンドウごとの撮影も出来る

Command+Shift+4+Spaceキー

[Command+Shift+4を]を押した後に、「Spaceキー」を押してみましょう。そうすると今度はポインタがカメラのアイコンに変わります。

そのカメラを動かすと選択されている箇所が水色に反転されるのが分かるかと思います。

そして撮りたいウィンドウを選択した状態でクリックするとスクリーンショットが撮られます。

すごいのは後ろの方にあるウィンドウでも撮影できちゃうところ。いちいち前面に持ってくる必要はありません。

その他の裏技・発展技

それ以外にもいくつか発展技があるようです。

一方向を固定

「Command+Shift+4」を押した後、ドラッグをしている状態で 「Shift」を押すと縦横どちらか一方向を固定することが出来る

選択エリアの基準位置を変更

「option」を押すと選択エリアの基準位置を端から中央へ変更することが出来る

選択エリアの移動

「space」を押すと選択エリア自体を移動させることが出来る
ちなみに普通に全画面の普通のスクリーンショットを撮るのは「Command+Shift+3」です

さいごに

活用するとスクリーンショットを撮るのが便利になりそうです。知らなかった方は良かったら試してみてください。

Macならソフトを入れなくてもほとんどのキャプチャをとることができます。まずは自分が一番よく使いそうなものを1つ覚え、次にまた1つ覚え、という風にしていくと良いかと思います。