お正月に家々の玄関や車などに飾られるのが注連飾りですが、どのような意味やがあるのでしょうか。またどのように作られるのでしょうか。

「注連飾り」の意味や種類と作り方を調べる方法をご紹介します。

注連飾りとは

毎年正月に各家にやってくる日本の神様を年神というそうです。地方によってはお歳徳(とんど)さん、正月様、恵方神、大年神(大歳神)、年殿(としどん)、年爺さん、若年さんなどいろいろな呼び方がある来訪神だそうです。

神霊が依り憑く対象となるものを依り代といい、神体や神域を示します。また神域には注連縄が飾られます。

正月に年神様に訪れてもらい、年神様の滞在場所となる依り代として飾るのが正月飾りです。

注連飾りの種類

注連縄 

注連縄は神域と現世を隔てる結界や厄や禍を祓う結界の役割をするそうです。ご神木や神体を縄で囲い、その中を神域としたりします。注連縄デ囲まれた場所に神が宿っているという印ともされます。

注連縄の占め方としては、両端が細くなり真ん中が太い大根締めと片方が太く片方が細い牛蒡締めがあります。

正月飾り

お正月に神様の拠り代となるもので、家の玄関などに飾る玉飾りと家の台所などに飾る輪じめが代表的です。

玉飾りはしめ縄を縁起物である紙垂、だいだい、裏白などの目出度い品々で飾りつけた物で、玉はお金に見立ててしめ飾りを丸く加工しています。

輪じめは、牛蒡締めの応用で左巻きの輪にした注連飾りで、し玉飾りを最も省略した飾りです。

注連縄についている紙垂の種類

注連縄についている紙を紙垂(しで)といいます。この紙垂を垂らすのは、注連縄を目立たせて、縄の所在をはっきりさせる目印だということです。

紙垂は、大きく分けて、吉田流 白川流、伊勢流があるそうです。今は全国の神社で使われている紙垂が吉田流だそうです。「新川皇大神社」の神主さんのブログ~新川の社務所から~では吉田流と-白川流の作り方が掲載されています。

~美母呂の宮~◇◆嶋田宮◇◆の宮司&陰陽師【嶋田秋成】の徒然という宮司さんのブログに三種類の紙垂の画像が掲載されています。

正月飾りの作り方

正月飾りは藁をなって作るものです。今は材料の藁は農家でもなければ容易に手に入りません。

上田市インターネット版「注連飾りの作り方」では正月飾りの作り方が細かく解説されています。

注連飾りや注連縄をもっと知るには

注連飾りや注連縄は調べてみるとなかなか奥が深いものがあります。注連縄についての詳しい記載のあるサイトや神社の宮司さんや神主さんが運営しているブログを見ると、より詳しい内容をしることができます。

おわりに

注連縄の作り方までインターネットで掲載されているので、藁は無理でも、古くなった衣類を洗濯して裂けば布製の注連縄が作れるのではと考えてしまいます。でも年神様が拠り代と見分けてくれないかもしれないですね。

Photo お飾りby http://www.ashinari.com/
Photo お飾りby http://www.ashinari.com/

参考