はじめに

パソコンは今や仕事や趣味で使う人がかなり増え、使ったことがないという人はいないのではないでしょうか。

パソコンを操作する上で重要なのがマウスですよね。これの使い勝手が悪いと作業効率が大幅にダウンすることもあります。

最近はニーズに合わせてさまざまな機能・形状のマウスが市販されるようになりました。種類が多くてどれにしようか迷ってしまいます。

今回はそんなマウス選びで迷っている人のために、自分に合ったマウスを選ぶコツを紹介したいと思います。

こだわり別マウスを選ぶコツ

デザインにこだわりたい人は

パソコンデスクをおしゃれにしている人って多いですよね。おしゃれな気持ちでいれれば仕事もはかどりそうです。

そんなおしゃれにこだわる人はマウスもデザイン性の高いものを選んだらいいと思います。

今は色使いや形状などデザインを重視したものも多いですから自分に合ったぴったりのマウスが見つかることでしょう。

おしゃれさを追求するなら基本的に大きさは小型で、ワイヤレスなものがすっきりしていていいと思います。

マイクロソフト レーザー マウス Arc Mouse ブラック ZJA-00017

このマウスなどはクールでスタイリッシュなイメージを持っているといえるでしょう。

形も普通のマウスより鋭角さを意識しているのでより洗練されたデザインに仕上がっています。そしてもちろんワイヤレスですのですっきり使えます。

機能性を重視したい人は

マウスはその機能性にもさまざまな差があります。そしてマウスにも機能性を求める人は結構多いです。

ただカーソルを移動してクリックするだけでは便利とは言えない!なんて考える人は「戻る」「進む」ボタンがついたマウスを使ってみてはいかがでしょうか。

これはブラウザなどで頻繁に使う「戻る」「進む」の操作がワンタッチでできる便利なボタンです。

このボタンがマウスについているだけで作業効率も大きく変わりますからお勧めです。

LOGICOOL レーザーマウス ゲーミングマウス 高速スクロール対応ホイール採用 G500

このマウスなどがそうですね。右手ひとつでだいたい主要の操作ができてしまうのでブラウジングが快適になります。

また人間工学に基づいた形状のマウスもおすすめです。人間の手にフィットするよう設計されているので疲れにくいです。

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス 充電式 高性能レーザーセンサー G700

このマウスですね。親指の部分が手に吸い付くようにフィットします。このマウスに慣れると普通のマウスは使いにくくなってしまうでしょう。

もっと機能にこだわりたいという人はボールが搭載されたマウスもおすすめです。これはマウスに小さいボールがついていて、それを転がすことでスクロールをするというものです。

これを利用することで従来の縦スクロールだけでなく、横スクロールもマウスで操作できるようになります。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール Unifying対応超小型レシーバー採用 M570

慣れないと難しいかもしれませんが、見にくい横スクロールもこれで快適に見ることができます。

おわりに

いかがでしょうか。パソコンにマウスは必需品です。ノートパソコンの場合は例外ですが、デスクトップパソコンにおいてはマウスは本当に重要なパーツです。

せっかくですから自分にぴったりのマウスで操作したいものですよね。ぜひこの記事を参考にしてみてください。

Photo by http://www.ashinari.com/2008/03/04-004196.php