はじめに

デジタル化されていないメモ

デジタル化されたものが多いとはいえ、まだまだアナログでのメモなどを捨てきれない人が多いと思います。

個人的には、アナログのメモも、携帯のカメラで撮影をして送っています。そして、Evernoteに送っています。

こうすることでメモもデジタル化することができるので、あとで便利です。

問題点

一方で、メモをデジタル化する時の問題点として、方眼紙になっているメモ帳などだと、裏側が少し透けてあとで見返した時に見にくい、ということがあります。

そこで、今回は、WHITELINESというノートを使ってキレイにデジタル化する方法を紹介します。

WHITELINESとは?

といってもWHITELINESはただ単純にメモをして、それをデジタル化するだけでキレイになります。

写真でみるWHITELINES

WHITELINESとは、太い白線がひいてあるノートです。

こんな感じです。

書いてみるとこんな感じです。

何がスゴイの?

この「WHITELINES」は実はスキャナをとったり、FAXをしたりすると、枠線が消えるという特徴を持っています。

たとえば、iPhoneのスキャナソフトであるTurboScanを使ってみるとこんな感じになります。

このように完璧に消えます。

というわけで

WHITELINESはオシャレな雑貨屋などに売っています。

Whitelines Saddle Stitch A4 Squared: Supporting Your Ideas

amazonなどでもたまに売っていたりしますし、通販で買えるサイトもありますから、是非とも試してみてはいかがでしょうか。

WHITELINES(ホワイトラインズ) プロダクトデザイナーが作ったデザイン・ノート:[文具・文房具]sideriver