はじめに

プレゼンテーション用の資料や、Blog用などにWebページのスクリーンショットをつかうことはありますよね。

その写真に加えていろいろと説明をすることが多いと思いますが、スクリーンショットだけだとなかなか分かりづらかったりするもの。

さて、ここではキャプチャから画像加工までを簡単に行える拡張、ScreenCaptureを紹介します。

Screen Captureを使う

Google Chromeをインストール

Screen SaptureGoogle Chrome用の拡張機能です。もし、Google Chromeをインストールしていない方は、以下からインストールしてください。
Google Chrome - ブラウザのダウンロード

Screen Captureをインストール

それでは、拡張機能 Screen Captureをインストールしましょう。
webページショット - Webpage Screenshot - Google Chrome 拡張機能ギャラリー
インストール方法は簡単です。上記のページをひらいて、「インストール」をクリックするだけです。

Screen Captureでキャプチャを取る

インストールすると、図のように右上にアイコンが表示されます。
利用するときは、上記のアイコンをクリックします。

キャプチャの取得範囲を設定する

クリックしたら、上記のようにポップアップでウィンドウが開きキャプチャの取得範囲を選択します。それぞれの内容は以下のとおりです。
|Capture Region|範囲指定してキャプチャ|
|---|---|
|Capture Visible Content|現在表示している部分のみキャプチャ|
|Capture Whole Page|表示しているWebページ全体のキャプチャ|

キャプチャした画像を編集する

キャプチャする範囲を指定したら、そのまま上記の画像編集の画面へ進みます。ここで重要な部分をハイライトさせたり、テキストを追加したりできます。
「ここをクリック」みたいに一部を目立たせたいようなときに便利ですね。

最後に

分かりやすい説明資料には、分かりやすいイメージが必要ですね!この拡張機能をつかってより資料の質を上げてみてください!

ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」