無料のインターネット電話「skype」

ルクセンブルグにあるSkype Communications S.A.という会社が開発したIP電話ソフト「skype」(スカイプ)。

skypeをインストールしている人同士だと無料で電話することができ、海外や遠く離れた人とも無料で話すことができることから、現在では一般の方の間でもかなり有名になってきているサービスです。

iPhoneの場合の話にはなってしまうのですが、今日はこのskypeを3Gエリアにて使えるようにする方法を紹介します。

skypeは3Gで使えない

上述の通り素晴らしいソフトであるskypeなのですが、このソフトは現在3Gエリアにて使うことが出来ません。

ですので、Pocket-WiFiのような無線ルーターを持っている人、あるいは無線LANが通っているカフェなどにいる時以外は、外出先でskypeを使うことが出来ません。

これでは使う場面がかなり限られてしまい、skypeの魅力も半減してしまいます。

IMの総合管理ツール「fring」

そこで、3Gでskype通話出来るようにするためのアプリ「fring」をインストールしてみましょう。

fringはskypeにて通常の通話は元よりビデオチャットまで出来ます。

また、fringはIMツールの総合管理ソフトでありMSN messangerやGoogleTalkといった他のチャットソフトも管理することが出来ます。

fringの使い方

こちらがfringの待ち受け画面です。

「Buddy list」に自分の友達が表示されます。緑色がオンライン、オレンジ色が退席中、灰色がオフラインを表しています。

skypeの月額固定プラン「1か国限定プラン」で日本を指定する

更なる便利な使い方をご紹介します。

上級編の利用方法としては、skypeの月額固定プラン「1か国限定プラン」に申し込んで日本を指定することにより、3Gエリアから日本の固定電話に常に無料で電話出来るようにすることが可能です。

ケータイから固定電話によく電話される方は fringとskypeの1カ国限定プランを組み合わせることにより、月額の電話代が下げることが出来る可能性が大いにありです。

また強者の中にはジェイルブレイクしてiPhoneをマルチタスク化させ、3Gにてfringを常時起動させる方もいらっしゃるようですが、これはあまりお勧めは出来ません。

また、2010年6月に発表されるOS4.0にてマルチタスクがサポートされる可能性が高いので、それを待ってfringを常時起動させることにより、3Gで常にskypeを立ち上げれるようにするのが賢いかも知れません。

このライフレシピは messa.tv が提供しています