はじめに

日ごろ使っているパソコンについて、どのくらい理解できていますでしょうか。パソコンの全てやWordやExcelなどのOAツールを理解するには相当の知識と経験が必要ですが、自分のパソコンの中を整理して快適にパソコンを使いたいのなら、まずパソコンについての基本的な知識を身につける必要があります。

パソコンはGUI(グラフィックユーザーインターフェース)と呼ばれる、画面上に表示されるアイコン等で直感的に操作できる機能が充実しているので、初心者でも簡単に操作できるようになっています。

しかし、取得したファイルや自作したフォルダが増えてくるとハードディスク内もファイルとフォルダでごちゃごちゃしてきます。いざ、パソコンを整理しようと思ったりするとどのようにすればよいのか分からずに困ってしまう方もいるでしょう。

そうならないためにも、ファイルやフォルダの基本的なところを理解してパソコンの中もきれいに整理できるようにしましょう。

ファイルやフォルダのことを知っておくことでイイことがある

メリット1

重要なファイルやフォルダが分かるようになり、パソコンを操作する上でいくつかのトラブルを回避できるようになり、トラブルの対処方法なども分かるようになる。

メリット2

ハードディスク内を常に整理整頓することが出来るようになり、特定のファイルやフォルダを探しやすくなる。

メリット3

自分なりにハードディスクの中を整理、活用することが出来るようになり、快適なパソコン操作が可能になる。

ハードディスクをプロパティで見る

ハードディスクの容量は無限にあるわけではなく、容量は決められています。容量がいっぱい近くになると、新しいアプリケーションソフトのインストールが出来なくなったり、取得したファイルなどをハードディスク内に保存できなくなったりします。

また、パソコンの動きが遅く感じられるようになります。これは、ハードディスク内の容量が限界に近づいてきたときに見られるパソコンの症状の一つです。

ハードディスクの容量はパソコンによって違いがあるので、自分が買ったパソコンはどのくらい容量があって、あとどのくらい容量が残っているかを把握しておきましょう。

おわりに

これらのことを理解すると言うことは、パソコン操作を行う上での第一歩です。よく理解して毎日快適にパソコンが使えるようになるといいですね。

ASHINARI
(photo by http://www.ashinari.com/2009/07/12-024235.php)