はじめに

iPhoneで音楽を聴くときもちろんバックグラウンド再生して、その間にメールチェックしたりTwitterでほげほげしていると思いますが、実は動画もバックグラウンド再生ができるんです。

でも、音楽と同じように

  • iPod アプリを立ち上げ
  • 再生
  • ホームボタンを押す

これでは、そのまま動画の再生が止まってしまいます。

もちろんロック状態で動画を再生しつつロックして、ホームボタンをダブルクリックすれば音声だけを聞くことはできますが、ロックを解除するとiPodアプリを終了させることしかできません。

ポイントはiPod アプリをバックグラウンドで呼び出すこと!
では始めましょう。

用意するもの

  • iPhone(3Gで動作確認済み)
  • iTunesがインストールされているパソコン
  • バックグラウンド再生したい動画(iPhoneで再生できる動画形式)

やり方

STEP1

iTunesに用意した動画を登録してiPhoneに登録されるようにしておきます。

STEP2

iPhoneとiTunesがインストールされたパソコンを接続して、iTunesを立ち上げ、いつでも同期できる状態にしておきます。

STEP3

iPhoneのiPod アプリ を立ち上げて目的の動画を再生します。

STEP4

動画を再生している状態で、iTunesの同期ボタンを押して同期します。

STEP5

iTunesとの同期が終わったら、iPhoneのホームボタンをダブルクリックしてiPhoneのiPod アプリのコントローラを呼び出します。

このとき処理速度が遅い3Gだとうまく呼び出せないかもしれませんが、繰り返し試してみてください

再生ボタンを押せば動画がバックグラウンドで再生されます。

この状態になればロックを解除しても、通常のホーム画面が現れた状態で動画の音声は流れたまま、他の操作ができるようになるのでSafariでサイトを見るなり、動画の音声を楽しみながらTwitterでつぶやくこともできます。

ホームボタンのダブルクリックがiPod アプリに割り当てられていない場合は設定画面より割り当ててみてください

おわりに

動画がバックグラウンドで再生中にiPod アプリを立ち上げると、通常の動画再生とは違い、いつもの横位置での再生に加えて縦位置でも再生出来ます。

画面を一度タップするとコントローラも出てきます。

再生され始めた動画は登録されているiPhoneに転送された動画すべてをひとつのプレイリストとして認識しているようで、この状態で右向きの矢印をタップすれば次の動画へ移ることができます。

一度バックグラウンドでの動画が再生できるようになれば、次からはロックされた状態でホームボタンのダブルクリックで再生ができるようになります。

アプリを使っている状態でホームボタンをダブルクリックしても、アプリを中断せずにコントローラを呼び出して操作することができます。

仕事でとりあえず内容を把握しておかないといけない動画とか、テレビ番組を音声だけで消化するとかニッチな需要があると思います。

iPod アプリ を単独で立ち上げて音楽や動画を個別で再生するとこの状態は解除されるようなので、また動画をバックグラウンドで再生したいときにはSTEP1からSTEP4までを繰り返して下さい
今のところ動画を同期した母艦以外のパソコンでも、iTunesで同期ができればバックグラウンド状態を作り出すことが出来ます

ココで使われている動画は Dimensions Mathでクリエイティブコモンズライセンスのもと公開されているので、興味はあるけどちょうどいい動画がないという方、4次元の数学的解釈が知りたい方、トポロジーに興味がある方、勝間さんが言ってた写像がいまいちわからない方は参考になると思います。