デスクトップ散らかっていませんか?

あれやこれやとパソコンで作業をしていた結果、デスクトップが散らかり気味な人、多いのではないでしょうか。

もしデスクトップにファイルやフォルダを保存しておきっぱなしであれば、ちょっとまずいかも。

それは以下のように、いくつかの問題点があるからです。

  • 起動時間が遅くなる

起動時にデスクトップのファイルを全てチェックしていくのでその分時間がかかってしまいます

  • リカバリ(パソコンの初期化)をした時に抹消される危険あり

デスクトップに保存したものはCドライブへの保存に割り当てられます。仮に障害が起きて、リカバリすることになった場合、Cドライブから初期化。従ってデスクトップによるCドライブ保存よりDドライブへの保存のほうが、データ抹消のリスクが小さいのです。

とにかく、デスクトップへの保存は見た目の問題以上にマズイのです。

Gmail的なUIの『Fenrir(フェンリル)FS』

デスクトップに散らばったファイルを上手に管理する手段として「FenrirFS」が挙げられます。※ダウンロードはこちら

フェンリル株式会社(Fenrir Inc.)が開発したこのファイル管理ソフトは散らかったデスクトップのファイルを片付けてくれるだけじゃな、デザインも優れているという極めて完成度の高いフリーソフトです。FenrirFSの素晴らしい点を、以下紹介していきます。

ラベル管理でカンタン整理

FenrirFSの最大の特徴は「ラベル管理」にあります。

ラベル管理と言えば、Gmail。

Gmailなどは受信トレイに殺到するメール群をラベルで仕分けて整理するのに便利なメーラーですよね。それと同じように、FenrirFSはファイルをとりあえずドラッグ&ドロップでポイポイ放り込んだ後、ラベルで仕分けちゃってスッキリ整理することが出来ちゃいます。

僕の場合、ラベルなどは「Rank(重要度)」と「Context(文脈、状況)」類で仕分けています。

早急に作成しなきゃいけない見積書はRank 【A】+Context【Today】の二つでラベリングしてあげたり、来月までに提出しておくべき報告書であればRank【C】+Context【Someday/ Maybe】あるいは【Tomorrow】くらいにしてあげたり。

そのファイルの置かれている状況を視認性の高いラベルで張り付けて上げれば、作業の効率性も上がるはずです。

カスタマイズで自分好みに

  • 自動振り分けフィルタ作成

定期的にFenrirFSに入れるファイルがあれば、自動で振り分けてしまった方が手間が少なくなります。

  • スター★&コメント付け

重要なもの高頻度でつかうものは【スター★】を。タイトルだけじゃよくわからないものは【コメント】を付けて上げれば,より使い勝手が良いでしょう。

  • スマートフォルダ

簡易検索システム。「よく使うファイル」、「今日使ったファイル」などで仕分け(ファイルへのアクセス速度が向上)。

  • キーボードショートカットキーの割り当て

サクサク使いたければ,ショートカットを利用する手も。

このように、いかようにもファイルを整理出来るのがFenrirFSの魅力です。

クラウド十八番のDropBoxとの連携

Dropboxと連携させることも可能です。方法は以下の通り。

    1. 【メニュー】タブ
    1. 【環境設定】
    1. 【全般】
    1. 【プロファイルフォルダ】
    1. 【参照】にフォルダ指定

この手順で、FenrirFSのファイル格納場所をDropboxに指定してあげれば、複数間のデバイスからファイルへアクセスできます。

まとめ

僕がこのFenrirFSを使ってファイルを整理した時の解放感は今でも忘れられません(^u^

今ではデスクトップがこんなにスッキリ!

デスクトップにめざとくファイルが散らばっていた頃に比べると、とてもすっきりして気分もイイです。

また、ラベルやスターがつけられるので簡単に所定のファイルまでアクセスできますし、ラベリング機能でGTD的な使い方も可能です。

今回は一部の機能にだけ触れましたが、他にも便利な機能が付いています(例えば、アーカイブとかプロファイルの複数化とか等)。ですから自分仕様にカスタマイズしてみるのもいいでしょう。

ダウンロードはこちら