はじめに

表に欠かせない、「12345...」のような連続した値の入力方法と、「123123123...」のような規則に従った連続データの入力方法をご紹介します。

数字のほかに、日付や曜日、グループメンバーなどなど、繰り返し入力の必要なものは多く、この技は役立つので、ぜひ覚えてくださいね。初心者さんにもとても簡単ですよ!

STEP1: 文字を入力して、入力したセルを選択します

わかりやすいように縦に123と入力しました。

STEP2: 一番下のセルの右下にカーソルを合わせて、下へドラッグします

カーソルを合わせると右下に十字のマークが現れますので、そのまま、下へもって行きます。

STEP3: 入力したいところまでドラッグすると、連続の値が入ります

ドラッグしていくと、横の小さな四角に数字が出てきます。この数字が入力したい数になったら離します。今回は「12」までドラッグして離します。

連続の値が入力できました

STEP4: 次に、規則のある値を連続入力する方法です。123と入力し、ドラッグしていきます。

さきほどの、STEP2までの作業と同じですね。「12」のところまで来たら、手を離さずそのまま!

STEP5: 『Ctrl』キーを押します。押したままで、ドラッグしてきたほうの手を離します。

最後に『Ctrl』を離せば、入力完了です!

こんなふうに使いましょう

このドラッグして連続値を入力する方法は、フォントの色や種類もコピーしてくれます。

このレシピ冒頭の表の「ABC...」と書いてあるところは、色を使った例ですね。こんなふうに、名簿を使ってグループ分けするときにも、見やすく作ることができます。

カレンダーの曜日を入れる時も、「土曜日を青・日曜日を赤」にするのがこれで簡単にできますよ。

おわりに

いかがでしょうか。これで、出席簿もカレンダーも、得意になること間違いなしですよ。

(Photo by 著者)