Wordは文章作成するためだけのものだと思っている方は多いと思いますが、Wordには驚く程便利な機能が満載です。

今回はWordで画像加工する方法をご紹介します。画像加工ソフトがなくても簡単に画像加工をすることができますので、ぜひ参考になさってください。

STEP1 加工したいファイルを挿入

早速、加工したい画像ファイルをWORDに読み込みましょう。まず、上のメニューバーにある「挿入」「図」「ファイル」を選択し、加工したいファイルを選びましょう。

以下のようにWORDに画像が挿入されます。

STEP2 図の効果を開く

次に、画像を加工する「書式パレット」メニューを開きます。書式パレットの開き方は、上のツールバーにある「ツール」メニューをクリックするだけです。

ここで加工したい画像をクリックし、画像を選択します。次に書式パレットの「図」メニューの中にある「図の効果」をクリックしましょう。

「図」メニューが開けない場合は、画像を選択していないことが考えられます。

STEP3 好みの画像加工を選択する

画像加工メニューを選ぶ

図の効果メニューが開きます。「歪み効果」「スタイルを調整」「カラーの調整」「カラー効果」「ブラー」など画像加工一覧が表示されますので、お好みの画像加工を選択してみましょう。

細かな画像加工を施す

画像の下に画像加工の調整をするつまみが表示されます。お好みの加工になるように左右に動かしてみてください。

以下の画像のように、カラー調整が可能なメニューもあります。カラーの部分をクリックするとカラーパレットが表示されますので、お好みのカラーを選んでみましょう。

最後に「OK」をクリックすると加工が完了します。

余力があれば・・・

画像の周辺に加工を加えたい場合は、書式パレットの「クイックスタイルと効果」を選択してみましょう。

画像角に丸みを持たせたり、枠をつけることができます。

これらのメニューにはこの他にも様々な画像加工メニューがありますので、周辺メニューを色々触ってみてはいかがでしょうか。

おわりに

Wordで簡単に画像加工をする方法はいかがでしたか?驚くほど簡単に画像加工できますよね。色々な機能を使いこなして、すてきな文書を作成しましょう。

(Photo by http://www.ashinari.com/2010/05/29-337105.php