Facebookユーザーの中にはTwitterを活用している人もいると思います。となると、TwitterのつぶやきをFacebookの自分のウオールに流したいという人も多いはず。

FacebookにはTwitterのつぶやきを取り込むアプリがいくつかあります。今回はその中でも選りすぐりのアプリ、SelectiveTweetsの導入手順と使い方について説明します。

SelectiveTweetsとは

SelectiveTweetsとは、その名の通りTwitterのつぶやきを選択してFacebookに流すアプリです。自由につぶやきたいところですが、読まれてはまずいものも中にはありますよね? ここではつぶやきをすべて流してしまった場合のデメリットをふまえた上で、このアプリを使うメリットについて説明します。

つぶやきを全部流すことのデメリット

TwitterのつぶやきをFacebookに流す際、次のことを少し考えてみましょう。
- (1)本当にTwitterのつぶやきを全部流す必要があるのでしょうか?
- (2)友だちの興味にそぐうつぶやきでしょうか?
- (3)つぶやきの頻度はウオールでの発言よりずっと多いのではないですか?
- (4)Twitterのつぶやきは、内輪の話になっていませんか?
こうやって見直すと、Twitterのつぶやきが友人らにとってあなたのウオールで見たいものとは必ずしも一致しないことに気付くことができます。

SelectiveTweetsを使うメリット

しかし…そうはいってもTwitterもあなたの一部です。数々のつぶやきの中にはFacebookの友だちにも見てもらいたいものもあります。全部を流すことに問題があるから、全くTwitterを流し込まないというのも極端です。

そこでSelectiveTweetsの出番です。SelectiveTweetsには以下の特徴があります。
- (1)Facebookに流すつぶやきを選択することが出来ます。
- (2)導入・運用共に簡単です。
良いことづくめですね。必要なものだけ自分で選んで流せば、デメリットを全てクリアします。それだけではなく、ただFacebookだけを使うよりもっと活発に友達と繋がれます。

善は急げ!早速導入してみましょう。

SelectiveTweetsの導入手順

以下にSelectiveTweetsの導入手順を分かりやすくステップバイステップで説明します。
- 1.Facebookにログインし、SelectiveTweetsのページを開きます。

  • 2.画面左上の「アプリへ移動」ボタンをクリックします。

  • 4.ページ内にある青枠部分の空欄に連携するTwitterのアカウントを入力して「save」ボタンをクリックします。

  • 5.「アプリの許可」ウィンドウがポップアップします。FacebookにTwitterの流し込みをするアクセス許可です。「許可する」をクリックします。

これで、Twitterから選択したつぶやきをFacebookのウオールに流す設定は完了です。

実際につぶやいてみましょう

さあ、では実際につぶやいてみましょう。とっても簡単です。
- 1.普通に今まで通りつぶやく分にはFacebookには流れません。従来通りTwitterでのみ流れます。
- 2.これは、Facebookにも流したいというつぶやきには「#fb」というハッシュタグをつぶやきの中に含ませます。

  • 3.このつぶやきはTwitterにも流れますが、Facebookの自分のウォールにもこのように反映します。

おわりに

この記事ではTwitterのつぶやきを選択してFacebookに流せるSelectiveTweetsの導入手順と使い方について説明しました。導入はもちろん、運用もとても簡単ですし、効果は絶大です。

是非このアプリでTwitterとFacebookをソーシャルネットワークの両輪のように上手く活用してみてください。

(Photo by 著者)