はじめに

「2ちゃんねる(2ch)」はネットをしている方ならば、ほとんどの方がご存知だと思います。

2ちゃんねるとは、膨大な量のスレッドを抱えた匿名掲示板であり、本当に様々な書き込みがなされています。

しかし、2ちゃんねるでは、一つのスレッドに対して1000件以上の書き込みがあると見れなくなってしまいます。

この記事では、「2ちゃんねる」で書き込みが1000に達したスレッド、または書き込みが無くて時間が経ったため、表示されなくなったスレッド(いわゆるDAT落ちしたスレッド)を見られる方法を紹介します。

私には関係ない?

「そんなの2ちゃんのユーザーじゃないから関係ない」と思われる方もいるかも知れませんが、調べ物があって検索している時に「2ちゃんねる」の書き込み情報に辿りつき、開いてみたら

こんな風になっていて読むことが出来なかった、という経験はありませんか?「2ちゃんねる」は本当に情報に溢れているので、検索エンジンにも引っかかりやすいんですよね。

読む方法

DAT落ちしたものを読む方法はいろいろありますが、ここではGoogleChromeの拡張機能「2chRevival」をご紹介いたします。

「2chRevival」をインストールしよう

「2chRevival」をインストールする

まず青い「インストール」ボタンを押してインストールしましょう。Google Chromeではインストールは早くて簡単です。再起動させる必要もありません。

インストールを確認する

Google Chrome右上の工具のようなアイコンをクリック。「ツール」→「拡張機能」とクリックすると、インストールされた拡張機能を見る事ができます。

インストールされていますね。

DAT落ちしたスレッドを見てみよう

では、このスレッドを見てみましょう。

ボタンが現われる

インストール前と違って「スレッドを復活させる」というボタンが表示されています。

「スレッドを復活させる」ボタンを押してみましょう

復活しました。これで、情報を見る事が出来ないイライラから開放され、全て見る事ができます。

おわりに

「2ちゃんねる」自体の評価については、ここでは特に書きません。情報が正確かどうかは、他のサイトや掲示板と同じく、各自の判断で見極めてください。

(Picture by KUKO)