はじめに

これからモバイルPCを購入しようと思っているけれど、『Windows』がいいか、それとも『Mac OS』がいいか・・・悩んでしまっている。そんなパソコン初心者さんにもわかりやすく、両者の特徴などを解説したいと思います。

そもそもOSってなに?

OS(オーエス)とは、オペレーティングシステムの略です。パソコンを動かすための「基本ソフト」のことで、このOSによってコンピュータシステム全体を管理します。

WindowsはMicrosoft社のOSで、各メーカー(富士通やNECなど)が製造しているパソコンに搭載されています。Mac OSはApple社のOSです。Mac OSは、Apple社が製造している本体(Macintosh-マッキントッシュ)にしか搭載されていません。

OSによってできることが違うのか?

できることには大差はない

WindowsでできてMacでできない作業があるのかといえば、実はほぼ同じことができると言っていいと思います。Windowsでできることは、Macでもできます。

違いはソフトにある

では何が違うのか?それは各OSで動かせるソフトがそれぞれ違います。同じ作業であっても違うソフトを使うことになるのですが、Windowsのほうが、このソフトがたくさんあります。

「Word」や「Excel」といった、企業等で広く使われているアプリケーションソフトは、両対応になっているものも多くありますが、どちらかでしか動かないソフトももちろんあります。

選び方

仕事又は仕事とプライベート両方で使う場合

まずは、パソコンを使う環境に合わせて選ぶことが第一です。特に画像を扱う印刷・デザイン・出版業界等では、Macを使用していることがほとんどで、Macであることが取引上優位なことがあります。

入社する会社によっては、OSやソフトを指定されることがあるでしょうから、その場合は指定の通りのものを選ぶ必要があります。一般企業でしたらやはりWindowsです。

プライベートで使う場合(Mac)

『Macは操作が直感的で楽しい』とよく言われます。また、ハードとソフトが同じ会社で作られ一体のものなので、その操作性・デザイン性へのこだわりが随所に感じられます。

写真や画像、デザインなどをしたり、そのような世界で交流がしたいといった希望がある場合は、やはりMacがおすすめ。本体からしてクリエイティブなパソコンですよね。

Mac OSの操作性はというと、Windowsにはない、「視覚的」に非常にわかりすく使いやすいシステムが特徴です。指一本で操作できたり、目的の文書を簡単に探せるシステムなどがあります。

また、大きな画面ではWindowsも使いやすいですが、モバイルPCの小さいサイズの画面では、Macの優れた操作性がより活きるのではないでしょうか。

プライベートで使う場合(Windows)

対してWindowsは、何よりも周囲に使っている人が多いので、日常のコミュニケーションにおいて優れているといえます。どこかで自分以外のパソコンを操作する機会があるとしたら、たいていWindowsです。

モバイルPCは、持ち運んだ先で人と一緒に画面を見る機会も多いでしょう。その場合、相手にとってもWindowsの画面なら違和感がないことが予想できます。

また、一般的に「パソコンの話」というと、Windows用のアプリケーションであることが前提で話が進むので、幅広い交流がしたい、という人はWindowsのほうがストレスがないでしょう。

パソコン本体の数・種類、対応しているソフトや周辺機器の数が多く、価格も抑えられています。何かしたいなと思ったときに悩むことがなく便利ですし、特にこだわりがなければ、Windowsがおすすめです。

おわりに

いかがでしょうか。パソコンの知識がそれほどない場合、極端に言ってしまえば、OSの違いは「幅広く楽しむのか・クリエイティブに楽しむのか」の違いといった感じです。

知識をつけていけば「ソフトの数」とか「互換性」いったところは解消されますので、そのあたりのモチベーションも頭に入れて選ぶと良いと思います。

(Photo by http://www.ashinari.com/2006/09/28-000126.php?category=59